仕事関係よりも個人的雑感を優先したブログです

2017年

12月

08日

集客と受入態勢

最近はサービス・飲食業様への支援案件が増えている。当然調査は事前に行いますが、各種口コミも見る際、提供する商品・サービスに対しての評価よりも雰囲気や接客に対してのプラス・マイナスの評価がされている事に気付きます。
そうです!受入態勢に対して厳しい(価格・格に応じた)評価がされているのです。
そのようなケースでは現場の疲弊か堕落、統一感の欠落が見受けられます。
このような状況で更に集客を進めると、悪循環に陥り更にマイナス評価の数が増える事となります。
モチベーションもダダ下がりですね。きっと最前線のスタッフは分っているんです。

店長や本部スタッフは、集客策を考える前に受入態勢を整える事の方が先決です。
今の顧客は見抜きます。指摘してくれれば良いですが、殆どのお客様は黙って去ります。

0 コメント

2017年

11月

10日

インプット宣言

講師業を相当こなした。経営支援も相当数こなした。都度必死に準備を進めたが、どうもしっくりこない。今年はアウトプットの比重が大きすぎた。

意識の高い方には物足りないと感じた場面もあったと思うんです。
やり過ぎ という声もありますが、ここがうちの「強み」

大きな案件も一段落したので仕事は思い切りセーブし、インプットに舵を切る!という経営判断を致しました。既に2月の仕事も埋まりつつありますが、自然発生的な業務以外はなるべく受けない事にしました。

 

0 コメント

2017年

9月

21日

ビジョンと信頼

札幌の秋の一大イベント「オータムフェスト」が大通公園を主会場に開催されている。

昨夜は女房と久し振りのデート。

会場を食べ歩きし、流れでススキノへ

とある有名な海鮮料理店でまったりと楽しんでいたんですが、どうも客の入りが悪い様子は座っていても感じてしまうもんです。

閉店時間も迫り「お会計!」の声を掛けるもバックヤードで話し込んでる様子。

客も私達夫婦しか残っておらず、お会計を済ませながら職業病で店長とついつい経営状態の会話になり話し込む結果に・・・

店長は先程スタッフ達と勝手ミーティングをやっていたらしく、内容は この御店、この企業のビジョンを知りたい!私達はプロではないが、バイトを含め皆危機感を抱き何をすれば効果が出るか?自分たちなりにアイデアも持っている。

代表が参加するミーティングは一方的で形骸化し、誰も発言出来ない雰囲気らしい。

代表が何処に向かおうとしているのか?を知りたい!
我々を信じて欲しい!ある程度現場に、スタッフに任せて欲しい!

切実な声を聞く事となったが、サポートする先様で遭遇する社内の様子に極似している。

社員教育も大事だが、代表者の意識・行動もまた低迷の原因にもなる。

自社の将来像への不安と改善策を必死に考えるスタッフを、この人手不足の状況の中にあって確保出来ている事への感謝と、信じ任せる事の大事さを現場の方達から学ぶのでした。

0 コメント

2017年

8月

31日

出会いと言葉

先日、経営支援を通じて出会った社長様から嬉しいお便りを頂きました。

マンツーマンで経営に関係する数値の捉え方と活用方法をお伝えしたのですが、正直難しい部分もあったかと・・

「私ができた経営者でなかったからこそお会い出来た」と

なんと表現力というか考え方の柔軟な方だろう。

言葉の端々に従業員を愛する気持ちを感じる方だった。

気持ちを数字に反映させる為に必死に努力される方だった。それも治療途中の痛々しい姿で臨む姿勢、分らない事を素直に「分らない」と口に出し、必死に喰らい付こうという姿勢に、頭が下がる思いで私も必死にお伝えしたのです。

出会いは一瞬、繋がりは永遠という言葉があります。

仕事冥利を感じると同時に、言葉の表現方法を教えられたのです。

 

0 コメント

2017年

8月

16日

業界の恥 空しさと怒り

今日ほど身を置く業界に対する空しさを覚えた事はない。

人それぞれの生き方、営業の仕方はあって当然だが、

虚偽はいかんよ虚偽は!
君の置かれた環境・生活レベルから想像は出来るが、やりすぎだぞ!

監督官庁から目をつけられ、指導・注意を受けたはず。

実名は出回っている。幻の実績と税金泥棒のそしりを受けても仕方がないはず。君は確か理事ではなかったか?

同列で扱われるのは御免蒙りたい。

昔の姿に戻ってくれ!
真っ当に勝負しようじゃないか!
エビデンスを取らない支援機関も同罪。

新たな餌食とならない事を祈るのみです。

0 コメント

2017年

8月

16日

WEBで完結せず

昨日もお誘いがあっての飲み会。

設え、メニュー、接客・・・実にオリジナリティ溢れ心地いいひと時を堪能させて頂いた。

最近企業様を支援していて思うところがあり、書き残しておきたい。

ITやWEB関連の方達も事業領域の維持・拡大を狙い全て解決と言わんばかりに宣伝している。

確かに人材不足の世の中。IT化によって仕事ではない作業の効率化は図られているし、WEB通販は汚い倉庫しかなくてもWEB上にあっては洒落た店舗に変身出来てしまう。

効率化出来るのは作業。本来の仕事に集中出来る時間を確保する為と思うのです。

では「仕事」とは?

貴方が扱う商品の魅力やメリットを、上乗せする利益分感じさせ、利益を最大化させるために計画とコントロール、管理と指示になる。

そこは数値で表せる=エクセル化出来る部分と感情・感覚に訴える部分に分けられる。

顧客ばかり見ていても事業は成り立たない。スタッフも自分自身もであるのです。

顧客は書籍にある理屈通りには動いてくれません。心に届き、響き、物理的・感覚的に比較検討して

はじめて行動してくれると思うのです。
業績のいい会社には活き活きした姿のスタッフが溢れ、行動し、WEBでは決して伝わらない魅力とアナログ的行動力を持っています。

机の前で集客と売買が完結する業界や会社もあるでしょう。しかし同時にアナログな面にも力を注ぐ事が求められ、実践している会社様の繁栄をいくつも見るのです。その反対も多く見てきました。

特にBtoBやサービス業ではHPは会社案内の意味合いが強く、完結はしないのです。

そのWEBにもアナログ的工夫や表現が求められるのです。
さぁ、スマホやPCの前からひと時離れ、周りや顧客、スタッフの顔色を見てみて下さい。意外なヒントが眠っていますよ!

0 コメント

2017年

8月

12日

繋がる

先日、とある自治体の創業セミナーで講師を務めさせて頂きました。

その際、受講者同士や他者との繋がりの重要性を説き、勤め人より遥かに濃い人間関係に翻弄されつつも、色々な場面で人脈として相互にサポートし合う事の必要性をお伝えしました。

幸いコミュニケーションスキルの高い方ばかりで、最終日には受講生一団で飲み会繰り出されて繋がりの第一歩を踏み出された様子に嬉しくなりました。

私自身も最近、過去の経験や出会った方々との縁が次の共感の基や縁になり、助けられる場面がとても多いことを実感します。

4年位前でしょうか、企業様の支援の最中に頭の中に点在していた経験や知識が一瞬で繋がり、理屈ではないサポートに劇的に活かされた経験があり、今でも続いています。

縁が多彩に繋がるように、頭に点在する経験や知識・記憶をレスポンス良く繋ぎ、アウトプットするには意識した特訓も必要だと思います。

業務上必要に迫られるわけですが、いちいちメモやタブレット、PC(WEB)上で探していては遅いのです。それらはあくまでも補助なのです。

グズな癖がある方は特に意識して、SNS等に時間を奪われてしまう日常生活いや仕事でも「やる事が分っていたならば、優先順位云々より先ずは着手する!に尽きますね。
簡単に言うとチャッチャと片付けていく。すると時間的心理的余裕が生まれ、本当に脳を使う時にフルパワーで挑め、脳内で繋がる を実感出来るでしょう!

たまに名刺や名刺アプリをザーっと眺め、記憶に刻み込むのも有効です。

是非トライしてみて下さい。

0 コメント

2017年

7月

30日

みんなコンサル(コンサル力判定)

コンサルタントっていう職業は実は何の国家資格も要らないんです。

名乗った者が勝ち
少し話は違うけれど、以前こんな女性がいました。

○○コンシェルジェ ○○デザイナー と勝手に名乗ってブログや名刺で普通に情報発信していたら、その手の仕事の依頼が少しずつ入り始め、紹介もあって、いつしか充分食べれるだけの収入になってしまった。と笑ってお答えになるんです。
当然、その肩書きに準ずるスキルは持ち合わせていたが

お客の想像するその手の専門家像を徹底して演じきる事が、裏切らない事が、その水準を表す肩書きが如何に大事か分っていただけると思います。
話を戻しますが、自分のコンサル能力(課題の発見・解決策提案能力)の基礎部分が有るか、無いか?簡単な判定方法があります。それも報酬有りで!!
飲食店が多いですが、「ご来店アンケート用紙」これが良いんです!!
このアンケート用紙でも特に住所・氏名等連絡先を要求される用紙を見つけたら是非チャレンジしてみて下さい。
普通の項目にもしっかり記入しながら、一番大事なのは「その他のご意見がございましたら」欄。
私の場合、ココをしっかり記入します。
「○○に感じる○○な点を、こういう対策を取ったら客として○○に感じます」とか
記入欄が足りなければ用紙の裏側まで使ってビッシリ記入します。
すると的を得たのか、結構な確率で食事券が送られてきます。
コンサルを目指す方は当然、でなくても、そのお店の繁盛を願うならば是非トライしてみて下さい。
国家資格は単なる基礎知識でのお墨付き。一番求められるのは傾聴力含めコミュニケーション能力だったりします。(未だ鍛錬中)

0 コメント

2017年

7月

22日

金融マンの底力

私の場合、仕事の依頼は金融機関から寄せられる場合が多い。

昨日も、とある飲食店の支援。情熱溢れる社長で色々自力で工夫されるものの、数字に未だ反映していない状況を改善すべく赴いた。
関係する金融マン3名は質問しない限り私の横で黙って聞いている。

実は彼らの手元には決算・資金繰りや多岐に渡る分析を終えた資料があって、時に冷静な金融マン、時に一消費者としての顔を持ち合わせて同席している。金融機関の内部では深い業種別研修が行われ、経験も積んでいる。

そう、彼らは専門コンサルとは行かないまでも、数字に裏打ちされた支援能力は持ち合わせているのです。ただ、彼らにとってはお客様。言いたい事の半分も言えないのではないだろうか?
発言には責任を伴う。(だから私は診断士保険というこの士業専用の損害保険にも加入している)

金融機関と言えども企業。分っていても柔らかな発言とならざる得ない事は想像できる。

だから私達専業コンサルは金融マンよりも深く調べ、時に厳しい発言を行う必要がある。いや、求められての依頼と受け止めている。
熱すぎる社長で改善点を見つけ、自ら工夫しながら進めている。そう、殆ど分っている方。

我々は出来る限り登場しないのが理想なのです。
後は金融マンの伴走で済むような案件であるような気がした。

0 コメント

2017年

7月

15日

感謝

お陰様で我が事務所も開設して丸6年が経った。

その昔、ある夢の実現の為に診断士の受験勉強をしながら最後は会社勤めを辞め、勉強一本に絞った。

いい歳こいての無謀なチャレンジだった。

そんな中、ある方(S君)から言われた強烈な言葉

「自分を診断しろよ!ヒモ診断士さん・・・」

確かに女房の扶養に入り、正に夢を追いかける

ヒモ診断士(受験生)だったので実に的を得ている。正直怒りに震えたが、同時に「絶対受かってやる!!」という気持ちというか覚悟が更に強まった。

特別学力の無い私は一心不乱に勉強し、翌年の試験で受かる事が出来た。

嬉しさに浮かれていたが、思い返すと「ヒモ診断士」の言葉が合格に導いてくれたと思う。

関わる企業様でV字復活した先は必ず地獄かそれに近い不調を経験している。

プライドを捨て、素直に愚直に一心不乱に努力された結果、復活され、今では安定というか自力で困難に立ち向かう姿に変貌された姿は眩しくもあり、実業として満足される姿は羨ましくも思うのです。「困難な状況があったから今・・・」と、復活を果たした社長の言葉には「お陰様で」と困難にさえ感謝している方が多い。

幸い、ご依頼を沢山頂け、しっかり納税出来る診断士になれた。

今なら言える。S君、君の投げかけてくれたキツイ言葉のお陰だよ。ありがとう!!感謝している。

今尚、老体に鞭打つ気持ちもそこから来ているのかも知れない・・・

0 コメント

2017年

5月

31日

LGBT

私は古いのだろう

(医学的見地には疎いので容赦を)

世の中ではLGBTへの理解が進んでいるらしい

しかし、私には思い込みなのかも知れないが、抵抗がある

「私、同性愛者なんです」と言われて「あ~ そぅ」なんて受け流せない。

昔、オスギとピーコが雑誌だったか対談で自分たちの生い立ちと現在との関連をこう表現した。

「元々、遺伝子的に女性は強く、男性は弱く出来ていて、だから死産の割合も圧倒的に男の子が多いのよ。だから上手く成長していく中で女の子は 女性らしく 男の子は 逞しく 育てられて、それなりの「らしさ」みたいなものが出来上がるのよね。私たち二人は、そう育てられなかったのよ!逞しくね❤」

仮説として子育て・教育の崩壊として考えた場合、結構合点がいく。放任と放棄、自由は違う。

「らしく育て、育てられているだろうか?」最近若い男女の、特に学生の言葉遣いが逆転しているように感じる。かわいい女性が「ウゼ~」「キメ~」とか汚い言葉を使う姿に驚くのよ

一方男は「ええ」「すみません・・」とか。プチLGBT(予備軍?)が増殖しているのか!?

現代は全てを許容していく風潮にある。ある程度制限があった時代の方が何だか穏やかで素直だったような気がしてならない。

暴言かも知れないがLGBTへの理解を表明する企業が出始めているらしいが、企業である。

当然ソロバンを弾いていると思うし、そうである。認定証(企業)ではなく普通な文化には程遠い。

ちょっと関係する点も。

若い男女の交際率が結婚願望に反比例して低すぎるらしい。

そりゃそうだろう!スマホに向って下ばかり向いているのだから・・・

何でも収入に関連付けては無理があるよ。貧乏な若い時の方がモテたぞ!

0 コメント

2017年

3月

28日

士業の役割

2017.03.28

【我々士業の役割と素養】

今、巷で話題になってしまった「てるみくらぶ」問題

大変だ!と叫んでいるのは安さしか打ち出せないその他大勢の旅行代理店やネット販売特化型店舗だろう。

消費者はきっと懲りたと思う。

保守的な高齢者を中心とする旅行のヘビーユーザーは大手・準大手しか相手にしないだろう!(高いのは安心料と割り切るだろう)

それにしてもだ!記者会見での弁護士の振る舞いは何なんだ!そんなに偉いのか?消費者の気持ちは考えられないのか?理屈として考えているだけにしか見えない。

我々診断士には前例など無い。毎度相対性の中で勝負している。

判断の基準になる前例など無いのだ!

あの態度を見て、この職業も捨てたもんじゃないと確信する。

JTBや近ツーはさぞかしガッツポーズを取っただろう!

どんなに綺麗ごと泣き言を言っても、今回の一件は悪質であることは確かである。

0 コメント

2017年

2月

23日

職業ジレンマ

我々コンサルの職業の一つとしてセミナー講師がある。

先日も創業者(予定者)向けセミナーに登壇したのだが、いつも共通して思うところがあり書記しておきたい。

結論、好きなようにやれば良い と思う。

せっかくの自分の人生、ある程度のリスクを抱えてチャレンジするのである。

経営者として財務なり、手続きなりを学ぶのは良いとして、集客手法や色々とセミナーや本で学び過ぎるのはどうかと思うのです。

セミナーで登壇する我々も日々勉強し、取材にも赴くし、時にはセミナーを受講する事だってある。そこで最大公約数的な「正解」のようなものを作り上げ、分り易く噛み砕き整理し演台で解説している。ビジネス本の著者も殆どこの流れに近い。

結果、差別化!と言いながら似たような店舗・お店が出来上がってはいないだろうか?

実際に似たお店だらけだ。情報発信も然りだ。

考えてみたら、昔からの繁盛店は時代に殆ど翻弄されず、多少変化しながらも基本昔ながらという姿勢ではないだろうか?時間のゆり戻しという方もいるがそうは思わない。
ビジネス領域の維持・拡大を狙う業界・業者に翻弄されている様は時間の浪費にさえ感じる。

資格認定団体・有資格者が乱立・乱発する中、差別化・強みというならば当のコンサルが差別化・強みを発揮出来ているのか?改めて考えてみたい

0 コメント

2017年

1月

05日

商魂の逞しさ

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

正月にご自宅等でテレビをご覧になった方も多いと思います。

数限りない番組が流れる中、BSは当然、民放でも通販番組が花盛り、特に健康・美容系はことの外多過ぎの感は否めないだろう。
そろそろ、年代別・部位別に裏付のあるサプリ一覧を医薬・医療業界で作成してはくれないだろうか?
コラーゲンやコンドロイチン実に怪しい商品が乱立の様相なのだ。

放送をじっくり見ると販売元が殆ど九州という事に気付くだろう。

実に商魂たくましい。

あのパワーストーンで財をなしたのも九州の人間。ほぼ原価ゼロ円の石が3,000~5,000円で売れるのだからぼろ儲け。一等地の路面に出店している事からも分かる。社長も大富豪

○ャパネットも長崎。

最近目に付くのが地名通販

虎ノ門・世田谷・芦屋

どれだけ田舎者は地名に弱いのか!

それらに匹敵する通販に適した地名が北海道にあるだろうか?円山・富良野・えりも岬・・・

「富良野自然食品」でもいけそうだが弱い。

九州のぼろ儲けに対抗する手立てを考えねばならんね。

 

14 コメント

2016年

12月

06日

贈る言葉

先日、ある若者の会に呼ばれ特徴ある人物に出会う。

大手有名企業に勤める彼は、私と正反対のスマートな容姿と身のこなしをしている。

聞くと上昇志向が強く頑張り屋さんでもある。

どうもこの手の人物に興味を持たれるようで困るのだが、どうすれば伸上れるのか?という古き良き時代にあった質問を浴びる。

思えば私が20代の駆け出し営業マンの頃、札幌のビル群を見て、サンルーフ全開の車中で「今に上り詰めてやる!」なんて身の程知らずに絶叫したもんだが、今の時代、そう簡単に組織の中で伸上れるとは思えない。何故か?

たとえそう考えていても保守的な多数派が君の成長を阻むだろう。当の本人も余程強い覚悟が無い限り多数派に飲み込まれ「出る杭」にはなれないだろう。

中途半端な「出る杭」は打たれる。

組織にヒビを入れるほどの楔を打ち込めばよいのである。それも段取りを経て…

「無理するな」「頑張るな」などと声を掛ける人は保守派と考えよ。君の足を引っ張るだろう。

時代錯誤と言われても良い。時代が変わっても普通では伸上れないのだから…

頑張りすぎて力尽きてしまうかもしれない。それで頑張らないのか?

だからその若者に伝えた。

「限界に触れることによって限度を知る」と

君の歩く道には頑張っても超えられない 限界 を感じる場面が幾度も訪れるだろう。

その 頑張った は君の今現在の限度。普通はそこで止める。最初はそれで良い。

しかし伸上りたいなら 普通 では駄目なんだ。何かを犠牲にする覚悟が有るか無いか?

そこで怯まず諦めず、突破して欲しい。但し壊れては基も子もないのでバランスが肝心

大丈夫!そのうち突破努力の限度が掴めてくるよ。段々楽に突破出来るようになるよ。

その先の新しい景色が君を迎えてくれるだろう。

 

廻りにどう思われるか?そんなもの知ったこっちゃない。

おじさんは本当に必死に生き抜いてきたから、周りの視線なんて気にする暇さえ無かった。

悩む、感じているうちは 暇があるんだよ!

0 コメント

2016年

11月

19日

伝承

昨日は同業者の研究会。

いつも断っていたが例会講師を仰せつかった。

何を語ろうか?なんて考えたが、私の支援手法の全てを伝える事に決め、伝えた。細部まで全て伝えた。

何故?と思うかも知れないが、この商売では5年もやると中堅扱い

そう、自分が駆け出しだった時に悩み苦しんだ支援手法を後輩や同業に開示し、伝える時が来たという事。

以前のブログでも述べたが、自分のノウハウを囲ってどうする?
陳腐化してしまう恐れ?そんなもの覚悟は出来ている。これだけ経験を積んで更に向上しようという気構えが衰えていないなら昨日現在の持てるノウハウなんて開示すべきと考えた。

同業者に追いつかれる?いや、追いつかれない、追いつけないようにする準備は済んでいる。

私が尊敬する「営業の師匠」は存分に持てるノウハウを私に伝授してくれた事を思い出すのだ。

そのノウハウを習得しても尚、師匠には追いつけなかった・・・

更に追いつけない不断の努力を積み重ねる方だった。

少し師匠の真似をしたかったんだ。

伝えた内容に、異論は無いにしても粗探しは予想通り行われた。

丁寧に伝えた、ご自身の独自の進め方で進めれば良いと思う。そう前置きしたはずだ。

素直に感想やお礼を述べる方が殆どだったが、特に新人の方からの本音に近い意見は自分の新人時代を思い起こさせるに充分。

少しはお役に立てたようだ。学んでくれ、後に続いてくれ、自信を持って紹介出来る人材になって欲しい。

結果、自分も助かる。

0 コメント

2016年

11月

13日

貧困と格差

素直貧困と格差について最近取り上げられる機会が増えたように感じる

論調は述べられてはいないが、結局のところ自業自得と連鎖ではないだろうか?思うところがあり述べたいと思う。

現在女性の活躍が叫ばれるようになったが、同時並行的に貧困の当事者として登場するのもまた女性である。背景にはバカな男が見え隠れし、傍らには子供がいる。

この連鎖に対し、NPOとかが脱出の機会として学習支援等の活動を行っている事には頭が下がる。そうだろう脱出するには最低限いや、出来れば大学までと考えるのは当然。

しかし、効果は出ているのだろうか?

そもそも論的に言えば「親」という事になるのだが、その親が闇を抱えている。

聞き触りのいい シングルマザー バツイチ という言葉に覆い隠され根本原因にフォーカスしていない。

この当事者達の多くは幼少期から 困難・面倒から逃げ、楽・楽しい・面白いを追及した結果の自業自得感は否定できない。

交際・結婚する相手に求めるものは今現在の 楽しい・楽・カッコいい で、真面目・実直・素直なんてダサいと言わんばかりである。

男の場合に限ると深刻。この要望に応えようと困難を乗り越える事は後回しで安直にに入れられる見掛けに拘る。(行動経済学でいう時間割引率が高い人) 結果、進路の幅は狭まり不本意な職に就くケースが多い。このことは人生にとって大きなストレスとなる。

二人は結ばれ子供が出来る。時間の経過と共に女性の実(じつ)をとらざるを得ない環境と幼く夢追い人である男性とでは価値観のズレが生じる。前述の男のストレスはDVにギャンブルに変化し拍車を掛ける。子供に向かえば虐待になり健全な心身を犯す。

結果別れ、貧困へのスタートを切る。

何故、この流れが全国一律で起こっているのか?

「マジむかつくんだけど~」「うぜ~よ!」等ののイントネーションが何故全国統一なのだろう?

暴論かも知れないが「メディア(テレビ)」の影響が大きいのではないだろうか?

番組にもよるが、私にはバカ製造器に見えてならない。

スマホ(SNS・ゲーム)依存度も無視できない。貴重な「思考する時間」を奪っている。

つまり、マスコミに踊らされない本質を見られる教育を施し、スマホと距離を置き思考する時間を確保し、困難・面倒を乗り越える「覚悟」を教え、比較する癖を正し、不本意な人生を送らせない事が貧困・連鎖を解消す事に繋がると思うのだが…難しいか…

 

因みに私は道内NO.1の道新を過信しないようにしている。いつも同じコメンテーター、持ち込み案件と思しき取材先の数々…ジャーナリズム魂は何処へ行ったんだろう?

0 コメント

2016年

10月

13日

観光地の住民の自覚

今日は旭川でのお仕事。

往復は台風の影響も無いJRを利用した。
札幌駅を出る時も、札幌駅に到着した時も、慣れた駅内の変化に

気付く。

構内に幾度も流れる中華系アナウンス・・以前とは違うのだ。
そういえば行きの車内ではインド系の大家族に囲まれる形で着席。

走り回るインド系の子供。悔しい位に英語で話す。それもボリュームがデカイ。

さすがに「うるさい!」とは感じた。が、ここは彼らには観光地
それも注目の?北海道。
観光地の住民としての振る舞いを意識する。なにもヘラヘラ笑顔でいる必要はないと思うが、せめて子供の走り回る姿・声くらいは受け流そうではないか!(でもやっぱりうるさい)

私達が海外に行った際に同じような行動をするだろうか?きっとしないのだ。

だからか反対側の立場になった時、どのような対応・行動をすれば良いのかよく分からない。

子供に妙な愛想を振りまくなんて私には出来ない。
日本人の親子ならどうしただろう?地元なら?観光客なら?

北海道は観光大国に舵を切った。ならば全道全域の住民が観光地住民としての振る舞いを身に着けるべきでは?なんて思うのです。
道民より遥かに裕福な観光客に気持ちよく『お金』を落として頂くために。

聞くと「本当の北海道らしさ」を求めているらしい。一体何なのか?正直道民の私が判っていない。

今一度「北海道らしさ」を考えたい。

ついでに、本物の富裕層が来道した際、何処をどのように案内出来るか?も併せて考えてみる必要が有ると提言したい。

 

 

0 コメント

2016年

8月

18日

とうとう上陸

既に当ブログでもお伝えした通り、コメダ珈琲が上陸した。

単純にモーニングセット文化の上陸だろうか?

飲食業にとって重要視される「居心地」に徹底的に拘り、高い接客力、常連客への特別扱い

挙げればキリが無いほどに洗練された企業だ。

初出店の話題も相まって早速の行列らしい。

一方道内はどうだろう?CAFÉという名の出店が相次ぎ、多少ではない高単価設定を強い、髭+前掛けエプロン+JAZZ+間接照明=CAFÉにはなってはいないか?果たして価値と価格のバランスは取れているだろうか? 甚だ疑問だ!

拘りの豆から抽出している?バリスタの能力が高い?本当か?

○○ブレンドだからと流行りものに弱すぎる道民意識に胡坐をかいてはいないだろうか?

今回の上陸を手始めに100店舗を目指すという。価格破壊ではなく、意識破壊が進むことは間違いない。

消費者は時に冷酷にもなる。本当に洗練されたCAFÉのフルサービスを体験し、それがお手頃価格と知った時、儚くも道内資本は敗れ去るだろう。

 

その時慌てて価格調整しか取れないところは淘汰される。

0 コメント

2016年

8月

16日

CSRの潮流

以前、金融機関が個人、自治体へのCSR的活動を行っている事をご紹介したが、金融機関の武器はやはり「金利」

我が北海道の北洋銀行様も乗り出しましたね。

 

おそらく参加企業は中堅以上の企業が大半を占め、中小零細はもう少し時間が掛かるだろう。

 

清掃や寄付でのCSRも良いが、このような取組みは何も金融機関だけではなく、色々な業種で可能ではないだろうか?

 

既に目にしているのは自動車保険のG免許割引や無事故割引やスーパーのエコバッグ対策が判りやすいね。

 

時期的にキャンプ場でのディポジット型ゴミ持ち帰り料金(返金制度)とか、飲食店のマイ箸割、食べ残しゼロクーポンとか…

 

要は社会にとって役に立つ事と自社の事業・活動をどう絡め、どう発信していくのか?

ついでにどう評価されるのか?の仕組みがあると良いよね。(それが右記事だったりする)

0 コメント

2016年

8月

05日

浪費

我が札幌でもポケモンGOが人気のようだ。

ポケモン世代ではない我輩には興味の対象から外れる。

商売上、流行モノは一応かじっておく必要があるのかも知れないが

無理なものは無理。(以前とにかく明るい○○の話題に乗り遅れ、攻められたが、結局どうでもいい結果に)

50歳を過ぎると「時間」に敏感になる。若い方への羨望も残された時間への嫉妬なのかもしれない。

お金で解決出来る事は取り返しはつく。が、時間の浪費、奪われた時はそうはいかない。
時間は平等に与えられ、無情にも過ぎ去っていく。取り返しがつかないこの世で最も貴重なモノと言える。なのに・・・

一時のワクワクなのか?スマホを食い入るように見つめている時間、数万円の勝利の為に延々とパチンコに興じる時間(きっと負けるので時間+お金のダブルパンチ)。 流行や不労所得の為ではなく、もっと自分の好きな本当に興味のある事に、仲間とのコミュニケーションの為に時間を使っては如何だろう!後悔は無いはずだ。なにも生産性を高めようなんて事は言わない。もっと時間を楽しもうぜ!って事を伝えたかったのよ。

オジサンはスマホゲームやLINE、FACEBOOKが無かった時の方が良かったと単純に感じるのよ。

それにしても東京や欧米の企業は時間を奪うのが実に上手いとも思う。

 

0 コメント

2016年

6月

26日

情報戦争

表向きの情報なんて役立たず

富裕層とその他には圧倒的な情報格差がある。

その差は埋められない程大きい。

強欲な資本主義とは搾取する側と、される側の格差を更に生み広げる。

カジノ法案はきっと実現する。

全国各地のリゾート地への海外資本の参入度合いを見れば、とっくに情報は得ていて動いている。

依存症が生まれるとか、生まれないとか、関係なく進む。きっと道内でも○○○や○○○にも‥

資金は既に移動を始めた。銀行も。

先を読んで動くか?後追いするか?注意して街を見ると見えてくるぞ!見えてるぞ!
金が大きく動くね。道内→道外? 道外→道内? 負けるな北海道!
マルシェなんかで浮かれている場合ではないぞ!

もっと大きなイベントを機に??

書けんわな○○○を見越した設計してます!なんて。

2016.06.29追記

苫小牧植苗地区にも、ニセコの地価高騰から富良野他にも別荘(富裕層向)地の触手が‥

やはり森ビル!黙っちゃいなかったね。益々札幌に一旦集まり、道外に金が出て行く…

パチ○○ファンの友人情報によれば、遠隔あり、何でもありの恐ろしい程の回収モードに突入しているらしい。普通の客はとっくに離れている。そりゃそうだわな、新しいビジネスモデルへの転換点に向かっているんだもの。
「君子危うきに近寄らず」が賢明ですね。

0 コメント

2016年

6月

23日

ホテル朝食

出張でホテルを利用する機会が多いが、最近やり過ぎとも思えるほど朝食に力を入れている処が多いと感じる。

目の前でオムレツやラーメン、刺身まで…

同時に気になるのが大量の残飯

きっとスタッフの食事に化けるのだろうけど限界はあるね。廃棄かな?

そこで提案。

地元ご近所様へのモーニングサービスというのはどうだろう?

当然ピーク時を外した時間帯で価格は半額で提供してはどうだろう?

食材原価(率)は宿泊客と分けて考えても、固定費の回収と廃棄損・費用には貢献出来ないだろうか?コメダが道内に本格出店する前に考える機会だね。

既にやっている廃棄量削減への工夫は別だよ。

健康志向からウォーキングが変わらず人気な昨今。出勤前にホテル朝食!もっとホテルを知って頂くきっかけにもなるし…

そんな事を考えながら夜を徹して朝を迎え、眩しい朝日を浴びている。

 

0 コメント

2016年

6月

22日

行く末

どうでもイイんだけれど・・・

次期都知事候補を10代後半の選挙権を持つ若者に聞くと有名アイドルグループメンバーのお父上を押すそうな。

半分は面白半分で答えたんだろうけどね。だけどね。

大丈夫?

事務所近くの量販店では夜遅くまでJKがたむろしている。

確かに大人びている。化粧もバッチリ。スマホは当然。

オッサンはJKが過ごす3年間で覚えた事がメイクとスマホとカラオケ・プリクラなのでは?と心配になるのよ。

地下街のセブンイレブンが閉店時間を迎えると「マジむかつくんだけど!」

って、その全国一律な言葉遣いとイントネーションをマスターしようとしているのだろうか?

一部の人達で全体を判断してはいけないのは承知している。しかしピュアな人達とは接触した覚えがないね。

大学へ行って、社会に出て、現実の中でその言葉遣いは矯正されていくのだろうか?

いや、既にバイリンガルな能力を兼ね備えているのか?

いい男と出会いたいとも言う。
本当にいい男は、そちら系ではない層を求めてる。(と思う。だからミスマッチが起こる)

OLになってもそうであれば、いい男なんて諦めた方がいいと思う。
反対側の女性がガッチリ掴んでいるしね。

いつまでもアイドルを、流行りを追いかけて婚期を逃してしまった女性を知っている。

晩婚化が叫ばれて久しいが、どうにかならんかね~

ついでに単純な詐欺にも女性がよく引っかかる。男は見栄で隠れているんだろうけど、それにしても

多すぎる。あれだけ新聞で報じられても…

女性よ、もう少しでイイから新聞(報道)もよく見てね。

「お前はどうなんだよ!」の声は敢えて無視します。ハイ! 

0 コメント

2016年

6月

18日

さすがでござる!(北央信組さま)

前回のブログで検診数値金利(保証料)を提案したが、やられたでござる!
地方創生との関係からだろう。
自治体ー住民ーBANK WIN-WINやね。
参りました・・・

0 コメント

2016年

6月

12日

老いては困る!新事業承継対策

新聞報道で2015年度の道内企業での休廃業・解散件数が前年度比12.7%増の1,467社に及んだとの事。この数字は同年の倒産企業255社の6倍に相当する規模になる。その内経営者の年令で60歳代以上が6割強を占めている。

我々支援者にとっても事業承継は大きなテーマで、私も必要に駆られ対策等の勉強に勤しんでいる。財務・税務・法務・組織・・・求められる知識は膨大になる事はたとええ勉強の段階でも分かる。なかなか対策が進まない理由と共に、支援する専門人材が不足する訳だ。

先日とある金融機関の方との面談で、提案、談笑した事を記したい。

承継対策の前提は代表者の老い

代表者の老いは融資を行う金融機関にとっても事業継続性へのリスクに違いない。

老いに対する対策が事業承継対策。交替(承継)するフレッシュで健康的な人材がいれば問題は無いと考えるが、現実はそうはいかない。そもそも財務内容がボロボロの企業を継ごうなんて例え身内であっても嫌に違いない。財務は好転させる事は出来るが、代表者が老いてはそれも難しいのではないだろうか?たとえ良好でも株式評価に伴う税対策もあり、時間が掛かる

そうだ、承継には時間が掛かる。相当な時間を稼がねばならない。

老いとは老いに伴う時間的リスクとは何なのか?代表者のトップセールス力か?多額の退職金か?トップセールス力は権限委譲を進め組織力を高めておけば良い。経営者保険にも活躍してもらおう!残るは急逝急病に伴う業績悪化とマネジメントに必要な体力と精神的な面になる。

何が言いたいか?金融機関はじめ支援者は権限委譲と組織作りへの教育と支援を行い、体力・精神面の対策に乗り出さなければならない。時間稼ぎの支援だ!

ではどうやって?やっぱり実感出来る飴とムチ。

権限委譲に関してはこれから監督省庁から求められる事業性評価(融資)の項目に加え点数化。融資の際に金利で差(+-)をつけ、利率の理由で説明し促す。自力が不可であれば外部専門家を活用してでも進める。

体力・精神面ではどうだろう?

老いに伴う健康・体力診断結果に応じた貸出金利や保証料減免の実施、いやペナルティーを科すべく金利アップや保証料アップを行っては如何だろう。
モラルハザードを避けるため銀行指定の病院での検査は当然。

経営者は否が応でも健康に対する意識を新たにし、管理し始めるだろう。

体力診断も同様にである。

しかし、無頓着で頑固な親父もまた多い。そこでスポーツクラブの法人利用権のチケット配布やウォーキング会への案内、経営者の為の笑いヨガ教室、座禅会への案内・・・挙げればきりがないが、数値として現れる効果が金利や保証料に反映されるという事。

 本格的対策に必要な時間を相当稼ぐのだ!

血圧○○○以上で0.125%ずつUP HbA1c 6.5以上で0.25UP 7.0以上で0.5UP 

BMI指数○○以上で○%UP、体力検定○点毎に0.125%のUPとか、参加ポイント加減算なんかも。 定期的に見直しとかも必要になるが新規・借換時に実施が現実的だろうか?若い経営者・後継者に対しても使える。
きっと診断数値以上の効果が企業にもたらされる事となるだろう!

爆笑しながらの雑談。仕事には笑いは必要と最近実感する。

承継専門家ではない人間の独り言でした。でも現場では笑えた。

 

0 コメント

2016年

6月

05日

限界突破

来年1月31日に札幌市産業振興センターでのセミナー講師の依頼が舞い込んだ。

当初は営業系「新規顧客開拓」でのテーマでの依頼だったが、まこと勝手に変更をお願いした。

題して「限界突破(発想×計画×行動×管理×指導=売上(利益))

それにはやっぱり理由がある。

先日、とある企業様への支援に赴いた時の話。

参加された幹部社員皆さんは何が・何処が問題で、どう解決していけば良いのか?を私が解説するまでも無く、大体ご理解していらっしゃった。

支援の際はいつもそう感じる。

ただ、言葉に出来ない、出せない、出さない。行動に移せない移さない移したくない。

何故そうなるのか?私がお手伝い出来るのは、そこを探り、解消し、手をつける優先順位を自ら決めて頂く事ぐらいだろうか?

いや、これで私はご飯を食べている。解決方法の発想を自由にし、実現出来る範囲に修正のサポートをし、制限なく出し合う「場」を作るお手伝いはせねばならん。

幸い担当した企業様には「人材」と「熱」がある!

やりがいを感じるというのはこんな企業様だ。

こんなケースは稀。

依頼される場合、限界を突破する「人材」と「熱」が弱い・低いケースが多いもの。

そんな気持ちからセミナーのテーマを変更させて頂いた。

テクニックは満載にお伝えする事は出来る。が、ここが弱いと参加費5,000円は無駄になる。

当然お伝えする範囲は広く深い。が自ら限界を突破しようじゃないか!

鼓舞するなんていうと今では「根性論」と分かったように批判する輩がいるが、苦しい時に支えるものは根性ではなかろうか?スポーツ観戦していると「気持ちが弱いよ~」「アグレッシブさが足りないな~」なんて言ってはないだろうか?根性論≠心理学なのか?

テクニックだけでは人は動かじ・・・

 

山本五十六からもう一度学ぼう

『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ』

『話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず』

『やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず』

 

現代でも、現代だから響くのである。

 

 

 

0 コメント

2016年

5月

01日

ベトナム見聞録

先月末5泊6日でベトナムへの視察旅行に参加した。
知人の計らいで中堅企業の海外展開の現場に同行させて頂いた。

詳しくは書けないが、ダイナミックであり、目指す着地点への調査等の段取りと、関係機関とのネゴシエーション、そしてプレゼン。実に勉強させて頂いた。

当企業の展開とは別に実際に既に現地で事業展開されている日本企業も視察させて頂き、国民性や状況を徹底的に調査・分析し、緻密で周到な段取りを経ての展開。実際に立ち上げに関った方々の苦労話は書籍やテレビで見るものとは違う。実に刺激的だった。OKYが現地駐在員の合言葉らしい。「お前が来てやってみろ」の略。
国の形も日本に似ている。非常に親日派のお国。町を見て、所得と物価や国民感情を考えると単純にで申し訳ないが「ネクストチャイナ」ではなく、地方企業の進出先として有望過ぎる国と思う。

実際に道東の小売業が進出し、ジャパンメイド の評判から繁盛している。

町の様子はFBにUPした。参考にしてもらいたい。
売上拡大を標榜する我が身として「海外展開」の要望に対応できるスキルと人脈・組織の必要性に駆られた旅となった。
ついでに…法で女性を保護・後押しする国と、自立を半ば強制される国。
どちらに今後の未来が開けるか?もうお分かりだろう!

少し下に見ていた自分を恥じる。

 

 

0 コメント

2016年

3月

12日

覚悟とボディブロー効果

営業現場を支援する事が多いが、事業者さんからは即効性を求められる。

そこで色いろお聞きすると、仕組みが弱かったり、社長が率先して営業(受注)活動をしている場合が多い事に気づく。

そんな場合、支援の場で共通して申し上げる事がある。

「社長の活動限界」が「会社の活動限界」になってませんか?

特に社長が率先している場合は深刻で、尚且つ浪花節的な活動の場合が多いのも共通している。

「うちの業界は特殊だから・・・」「他に任せられる人材がいない・・・」

こんなところだろうか?

決して否定はしないが、いずれ限界は訪れると思う。

これからの時代、中小零細企業には「デキル」人材を採用しようと考えるのは現実的ではない。

当たり前だが、会社はそんな人材は離さないし、他の中堅以上の企業がスカウトするだろう。

だから、採用する希望レベルを下げ、その人材で回る仕組みを作る方が現実的であるし、教育・マネジメントの為に、代表が行うのは現場最前線の営業活動ではなく、マネジメントと教育体制の仕組み作りにシフトしなければならないと強く感じる。(代表のトップセールスも当然必要ですよ)

そこには大きな軌道修正と「任せる」という決断・覚悟からは逃げられない。

営業活動をボクシングに例えると即効性(右ストレート)だけでは戦えない。空振りの疲労度は半端じゃない。フットワーク+ジャブで間合いを詰め、ボディブローで相手に蓄積するダメージ(実感するメリット)を与える。更にフックで意表をつく。

で、留めの右ストレート。営業は長期戦だ。競合もいる。右ストレートだけでは勝てない。

新人・ベテラン、いや、全社でジャブ・フックを打ち、担当営業がボディブローを効かせ右ストレートで決着をつける。これを新人でも出来る。これが「仕組み」。

新人でも可能にする教育。進捗を管理・指導するマネジメント。だね。
基礎体力や、防御の為もフットワークとガードは当たり前だね。
目の前の数字を追いかける右ストレート型か?長期的な数字の安定を図るボディブロー型営業か?

貴社はどちらか?どちらを目指すのか?
「右ストレートの打ち方」「カウンター攻撃の打ち方」は別の機会にUPしたいと思います。
私事だが、同業者がよく言う「要領よく」「省力」を否定し、手間暇かけると決断・覚悟し、拘った結果が実を結びつつあるのを実感する。この業界でも右ストレートだけで生きてはいけない。

0 コメント

2016年

3月

01日

権限・権力の使い方

体が悲鳴をあげていた。

「是非、関さんにお願いしたい!」

自分の体力と時間を横に置いて、それならば!っと・・

駆け出しは仕事を選んでいる場合ではない!

経験を積め!と先輩の言葉を頑なに通してきた。

あらゆる業界・組織からのご依頼案件が同時並行で進み、年度末に向け否応なしに納期は指定され、少し渋滞してきたのは判っていたが、昔のように無理が効かない。そう50歳なのだ。

処理能力の問題もある。それも認める。

要領よく品質を落とす事も出来る。が、性分でそんな事はしたくない。そんな想いが疲れきった体を突き動かし、ニンニク注射のお世話になりながら続けた。

もう何週間もテレビも見ていない。まともな睡眠も同様だ。そんな時に一本の電話が・・・

「関さん、少し無理してるでしょ!もう少し時間に余裕が持てるように俺から言っとくよ!」

発注主の上位者からだ。私はその組織の上下関係には無頓着で、思い違いに恥ずかしい思いを感じると同時に、その方の職位が持つ権限をこんな形で使わせてしまった事を詫びると共に、こんな形で使うその懐の深さに思わず涙腺が緩んでしまった。

その後も出来るだけ私に負担をかけまいとその権限で動いて頂いた。

 

いつかそんな職位・立場に就いた場合には、同様に人を助けるためにも「力」を使いたいとこんな歳になっても思うのです。

Kさん、ありがとうございます。久しぶりに家酒しました。今日はゆっくり寝ます。

 

0 コメント

2016年

2月

04日

領収書・忘れ物

確定申告が近づいてきましたね。
都度記帳されている方は問題ないが、

月ごとクリップ留め、一気に入力という方も多いのではないだろうか?

先日、札幌市内中心部の量販店で必要に迫られファイルを大量購入。

当然、経費として落とすために領収書をお願いした。

私の苗字は「関」。漢字を書くことに疎くなったとはいえ、書けるようにと「門構えのセキ」

「関西のカン」「関係のカン」とそっとサポートするも、若い店員さんが「席」でよろしいでしょうか?とメモ書き。これだけ言っても伝わらないのはサポートの仕方が悪いのか?いや、古いのか?
「関所のセキ」なるサポートは封印したのは遥か昔。

流石にベテランの方は「ハイハイ!」と素直に「関」と書く。

「席」にはさすがに呆れ、「わかるやん!!普通」と言ってしまった。

何度もこのような事態を経験すると、接客の向上に期待するよりも「領収書お願いカード」なるものを携行した方が時代に合っているのか・・・
ついでに先日都市間急行バスを利用した際に「マフラー」を忘れた。高価なプレゼント品だったので、バス会社に連絡。見事見つかり事なきを得た。受け取った営業所で、担当者との雑談から

会社のHPで「忘れ物情報」なるサービスを追加したら喜ばれるのでは?なんて話で盛り上がり、提案してみる!と喜んでいた。

居酒屋・商業施設・交通機関・公的機関色々なところで諦められ溜まった忘れ物があると思う。

工夫とリスク対策は必要だが、導入してはどうだろう!

それだけでも更新ネタになるぞ!!

因みにこんなのも見つけました(知らなかった)

北海道警察 拾得物情報(検索)

 

3 コメント

2015年

12月

25日

衣服の効果

事務所の前に中規模ホテルがある。
爆買いで有名な中華系観光客が殺到し、ひっきりなしに観光バスが停車し、人を荷物を乗降させる。

喫煙室から眺めていると色々見えてくる。
先ずはホテルスタッフ。

外国人の荷物は大きく重たそうだ。普通のホテルスタッフ(ベルボーイ等)ではスムーズに乗降移動させられない。

そこでポータースタッフの登場だ。年の頃は60代と思しき彼らはSTAFFと刻まれた黒いジャンパーに身を包み、颯爽とこなしていく。

STAFFジャンパーの効果はなにも客側からの識別効果や仲間意識の向上だけだろうか?

あのSWATTの如く黒いジャンパーはその方の意識を若くキビキビさせていないだろうか?

今日の札幌は降雪が激しい。その中で、ジャンパーの襟を立て颯爽と動く彼らは若い!

同様にお客も観察。
派手な色遣いのコートを着ている方(紳士淑女とも)はやはり若い!キビキビしている。

ゴルフシーズンだとポロシャツの襟の立て具合も何だか比例しているように感じる。

シルバー人材を活用する際に、ご自身でも是非ゴシックロゴの入ったジャンパーを着用する、させるのはいかがだろう!きっと思った以上にキビキビとした動きをする。かもね。

今日は襟を立てて帰ろう!

メリークリスマス!!

 

0 コメント

2015年

12月

25日

回転率

小腹が空いた時にはご存知讃岐うどんで有名な○○製麺。

また、商売上の知恵が邪魔する。

原価率・トッピング商法・・・持てる知識を総動員してレーンに並ぶ。しかし、空腹感や懐事情、下手なプライドに負けて釜揚げ大で決着。決して生卵を持参してはいけない。

粉もの屋は原価率からして儲かる。集客さえ上手くいけば。集客が上手くいけばそれで良いのか?いや、限られた

座席を回転させてなんぼだ。
ではどうする?早く出す。下げる。つめるよう誘導する等々座席が足りなければテイクアウト。

食しながらこんな事を一々考えながらでは疲れるとお思いだろうが、コンサルの習性なんです。

この手の大型チェーンではオペレーションは研究し尽くされ、対策は見事だと思うが、それでも尚、何か無いか?

とっとと食べて出て行かせる。それも不快な感情を持たせずに・・

「5分以内の滞在で30円のキャッシュバック・天ぷら一品の次回クーポン」

レジで時間を打刻し、出店時にタイムレコーダーで打刻なんていうのはどうだろう!

客は時計と睨めっこし、急いで店を出るだろう!お客・店双方にとってWIN-WIN

セルフとはいえ、洗い場が大変になるだろうけど

追加負担は原価率と客数増を考えるとシュミレーションしてみたが問題にはならない。

これを食べながら紙ナプキンに計算式を書きながらである。あ~疲れる。

そんな事より、かけうどん用出汁サーバーが最大適量になるよう絶妙な傾斜を付けた置き台の角度の

設定に感心するのであった。

 

0 コメント

2015年

12月

18日

金融マンの一言から悟る

先日、ある地方の中小企業の支援に赴いた。金融機関からの要請の場合、同席されるのが通常である。支店の担当者。当該企業について当然詳しいが。金融機関に求められるコンサルティング機能の強化のための勉強の場ともなっている様子。(私の支援は勉強にはならないと思うが・・・)
頭の切れる専務。話す順序、内容、深度、実に理路整然としている。これでは多くの企業を担当し、多くのノルマを抱える担当行員では時間的に余裕が無く、対応・太刀打ちできないだろう。
私に対しても力量を測るかの如くの質問。値踏みされているようだ。
実は当該企業の属する業界については以前に実際永く身を置き、詳しいと自負していた。
過去の経験は後々助けてくれる事を実感する。
専門家としての派遣時間が終わり、実際お役に立てたのかと自問自答していると、金融マンから
「先生、実に対応するための引き出しが多いですね!」
ハッとした!
以前の投稿でコンサルを医者に例えていたが、

この「引き出し」という言葉・・
勘違いしていたようだ。医療行為に例えると「漢方薬局」ではなかろうか?
お客様の悩みをじっくりお聞きして、数多くある漢方薬(の成分)を引き出しから適量から取り出し
調合して提供し、漢方薬の効用(科学的生体反応を刺激する西洋医学に対し、自然治癒力を引き出す
)を目指す。
企業は自力回復力(自然治癒力)を持っていると断言できる。

それを引き出すサポートをする。正に漢方薬局ではないだろうか?

自身の仕事と対する意識に気づかされた事。金融マンU氏に感謝したい。

 

0 コメント

2015年

12月

05日

陳腐化そして

マッドマックス  古い映画だが覚えている方も多いと思う。

忘れられないシーンにマックス(Mギブソン)の操る名車インターセプターが登場する。暴走集団に追われ、逃げるシーンでインターセプターに搭載されたスーパーチャージャーを赤いレバーで起動させ、一気に加速する。しかし、暴走集団はニトロをガソリンに混合させ爆発的な加速を得て一気にインターセプターに追いついてしまう・・

そう、スーパーチャージャーは既に陳腐化した古い加速装置になっていた。

幼心にメカニカルなシーンにワクワクというか心躍った。(同じように感じた人も多いのではないだろうか?)
自分の自社のこだわりや技術は表に出した時から陳腐化が始まる。
他社が他の人がより洗練させ、新技術を付加し、広報し、広めて、一般化させる。
だから世に、他人に晒した瞬間からバージョンアップが必須となる。

古い手法は見抜かれる、一般的と評される。いやなら必死にバージョンアップさせねばならない。
陳腐化を覚悟しなければ人に伝えられない。世に出せない。
邪魔するのは何か?下手なプライドか?変化への恐れか?しんどいから?

 

2 コメント

2015年

11月

28日

仕事訓・対人訓・人生訓

私は仕事モードに入ると人が変わると言われることが昔からよくあった。

今後お付き合いする際は厳しい言葉を投げかけることも多いかと思いますが、 右にある言葉が私を動かしていると思ってください。

50年の人生でやっと辿り着いた言葉です。

 

もっと根底には掃除・笑い・感謝が眠るのですが・・・

 

特に仕事の場合、発する言葉、お渡しする資料の中にて厳しい表現を行う場合、その裏には徹底した準備と調査があることを付け加えたいと思います。

0 コメント

2015年

11月

27日

ミッション

 アマゾンプライム会員はご存じだろうか?

年3900円の会費を負担と感じさせない特典が満載である。
プライムVIDEO・プライムミュージック…

映画好きな私にはプライムVIDEOはありがたい。少し古い映画が見放題!パソコンのHDMI端子を使えば高画質で液晶テレビで鑑賞できる。で、トムクルーズのミッションインポッシビルを見た。
ハードルの高い不可能なミッション(インポッシビル)をポッシビル(可能)にしてしまうのは爽快であり恰好が良い!
癖で自分の仕事とリリンクさせてみる。

依頼される、持ち込まれる案件は実にインポッシビルな事が多い。
斜陽なな業界。縮小する地方での業績回復・・・

中にはITやWEBで解決!!なんて仰る諸氏やその手の書籍も多いがBtoCならまだしもBtoBではそう簡単ではない。
だからやりがいがあるってもんです。トムクルーズのようには格好は良くないが、内容でポッシビルしたい。
雑感

以前から言われる事だが、スマホ依存が激しさを増していると感じる。電車の中の光景は異常な様に映る。IT(WEB)関係者の方々の考える理想とはあのような光景なのだろうか?
何かを得ようとすれば何かを失う。何かとてつもなく大事なものを失いつつあるように感じるのだが気のせいだろうか?この件については別の機会に徹底的に語りたいと思う。

ひいきにしているお店は大概アナログな面に惹かれているのは何故か?FBに必死な繁盛店を見たことがないのは何故か?
人は合理的な判断で行動・購買はしない。行動経済学を学ぶのである。

 

0 コメント

2015年

11月

26日

歯科治療

今、歯科治療に通っている。場所は前歯だ、歯石+虫歯発見だ!

以前アドバイスされた半年に一回の検診を忘れ、ものぐさが祟った。要は歯磨きの徹底と習慣化。歯間ブラシの使用だと・・・

手遅れになると当然抜歯。今回は神経治療に留まるが軽症ではないらしい。

幸いかかっている先生は名医と評判の歯医者さん。

私の仕事は歯科医師の如く、企業様の体に発生した異常を検査し、患部(改善点)を見つけ、対策を考え、並走サポートし、症状(痛み=資金繰りの悪化や人件費削減)を結果として和らげる事だろうか? 何だか上から目線ぽいが、実はさぽーとさせていただいていていつも同じ事を感じる。

企業様は皆さん理想と現実のギャップの原因とどうすれば?何から手をつけたら良いのか?を何となく分かっていらして、われわれが出来るのは実行・行動へ背中を押すことぐらいかとも感じる。

何が言いたいのか?虫歯対策の如く、歯磨きをやるかやらないか?それを持続させるかさせられないか?歯間ブラシの如く、便利な道具を使いこなし、効率を上げられているか?だと思う。

でも自分の感覚では不安なので定期健診を受ける。外部の意見を聞くという事だろうか?

重症化して不本意な抜歯・入れ歯になってしまう前に・・・
幸い名医にかかっているが、医者=コンサルとすれば、名医と呼ばれるレベルだろうか?

患者の心理・声にみみを傾けているだろうか?インフォームドコンセントが出来ているだろうか?

最近、セカンドオピニオン的な仕事が増え、改めて真摯に取り組まねばと歯医者で考えるのである。

最近やたら地方部が多くなったと思う。いつもd最高の情報体制と物的処理能力でい挑めるように

キャリーバッグとモバイルPCを新調した。

 

1 コメント

2015年

11月

04日

最近感じませんか?

仕事で車を運転する機会はめっきり減ったが、最近感じないだろうか?   どんくさい

異常な車間・発進のトロさ・流れを無視する車速維持等々

大阪だと確実にクラクションされるレベルだぞ!

誰も飛ばせ!とは言っていない、上手に走れ!とも言わない

多少下手なのも許そう!

しかしだ!安全・ゆっくり・確実 過ぎるのがいかんのよ!

高齢化?アイドリングストップ?スマホ?自転車の車道走行化?

プロのタクシードライバーにも聞くが同様のご意見。

時間に余裕を持つ。深呼吸する。音楽を聴く。対策は打ってはいるんだが・・・

ついでにコンビニ駐車場での長時間休憩車も多くなったと思わないか?

(WiHi電波のただ乗りなんだろうけれど)

ただの愚痴でした(-_-)

0 コメント

2015年

11月

02日

キラキラネーム

キラキラネームと医療機関の深夜受診率に相関関係があるとの事。

実に興味深く、やはりそうだったか!というのが実感。

名前が人生を左右するとまでは言わないが、人生の中で「名は体を家庭を表す」「子は親の鏡」「所作から育ちを測る」的な事は実感する事が多いのも事実としてあるのではないだろうか?

統計までは採っていないが私も同じような事を思う機会がある。

受験シーズンも終わる頃、新聞には各予備校や塾がが受講生の難関校合格者の顔写真と実名を掲載している。そこで特に名前を注意して見るといわゆる「キラキラネーム率」が非常に低い事が分かる。(同様に一見チャラい外見でも○○男・○○次とか、○○子なのだ)

そういう家庭・躾・常識感なのだろう

記事・論文に対し、親の道徳観や責任感からその家庭の質を含め賛否両論があるのは結構だがキラキラネームは子供にとってその後の人生で恐らくマイナスに作用する事の方が多いだろう。

70歳位になって病院の窓口で「○○ライムさん~」なんて呼び出されたら…私は間違いなく改名を選択する。

もし、それが負・格差の連鎖を引き起こす原因の一つとなるのであれば、簡単な脱出方法にさえなると思うのだが考え過ぎだろうか・・・

キラキラネームは深夜の受診が多い? 医学論文に反響、著者の狙いは

 

 

2 コメント

2015年

9月

14日

血税の意識

我々診断士というのは、そもそも少し経営状態が悪化した(しそうな)企業様への支援が多いが新商品開発や前向きな支援もまた多い。

しかし、小規模或いは経営状態が悪化した企業様は我々にフィーを支払える余力などない場合が多いのも事実。そんな場合には国や都道府県、経済団体が行う各種事業を活用してフィーのご負担の無い形で支援に入る事となる。
しかしだ、不届き者はいるものです。(同業者から反感を買うのでここまで…)
真摯に支援活動を行うのは当然として、お金の使いようは勝手だが、血税から拠出されたフィーの使い道とわかる形で発信する馬鹿がいる。お恥ずかしい限りだ!自戒を込める。

0 コメント

2015年

9月

06日

コンセプト 変えても良いんじゃないの?

最近、伺うお店や企業様で思うのだが、謳うコンセプトと客として実感する内容が違ってがっかりする事が多い。


○○な空間を貴方に!とか、まるで○○な気分に!とか…

よくよくお話を聞いてみると、耳障り感や、流行から採用・設定し、宣伝文句に謳っているらしい。


でも、スタッフの経歴やストーリーを聞くと、そちらの方が温かい気持ちになれるというか、

だからか!?と今まで不満に思っていた事が一気に解消したりもする。
そこでだ!コンセプトを変えてみてはどうだろう?

本物の体育会系を感じられる店 とか、○○には強いが、接客はダメダメ オタクばかりの○○ショップ とか
予想を覆す工夫がないと、単なる「言い訳」になっちゃうけどね。

0 コメント

2015年

8月

26日

期限は最大の堕落を生むと同時に最高のドリンク剤となる

複数の案件を抱え、納期が日程が迫ってくる。
受託した時は余裕を見て期日を確認・指定したはずである。

夏休みの宿題の如く、何となく進め、期限が見えてくると逆算ToDoだ。

複数の器に水を注いでいくイメージだと思う。

この場合だと急いで注がなかった 順番に注がなかったという事か・・・

器の容量は変化出来ない。変化させるとは質を落とす事だ。

ならば注ぐ量だ!量を増やせばいい! では どうやって? 時間当たりの量を増やすか、時間を掛けるしかない。要は効率的にか残業かだ。

しかし期限が迫るとマルチタスク(複数同時並行状態)に陥っているはずなので、結果残業しか選択肢はない!こんなはずではなかった(汗)

教訓  つい余裕を持った計画(必死×3.0)を立てがちだが、必死×1.5~2.0くらいで計画を立て

    同時に如何に早く終わらせるかの工夫をし

    順番に、(関連性があるなら同時並行で)片づけていくという事やね。


    「時間の中に利益は眠る」肝に銘じたい


てな事を考えながらマルチタスクなToDoを消化していくのだ・・・

0 コメント

2015年

8月

08日

期待される水準

私の事務所は札幌の中心部にある狸小路商店街に近い。

夜遅く帰路に着くころには商店の営業は終了し、代わって登場するのはダンスやジャグリング、ミュージシャン等のストリートパフォーマー達。

披露というより練習場所として利用している様子だが、そのレベルは高いと思う。(大通公園も同様かと…)

風雨が凌げ、鏡代わりのショーウィンドウがあり、通行人やライバルという外部からの視線も求めての事だろう

まさにセミプロ いやプロ意識が芽生えているのだろう

しかし、この商店街に陣取るにもある一定レベルが要求されると思うし、見る側も要求してしまうのではないだろうか?

陰には未だその水準に達せず、自宅や近所の公園、集会場で練習をする大勢の予備軍がいると思われる。

商売に置き換えてみよう!お客はそのお店、会社、施設から何らかの提供を受ける時、そのもっと前から「格」に応じた水準を予測している。

商品・サービスはもちろん、設え・清潔感・言葉遣い・姿勢・笑顔…それら合わせた統一感。

謳うコンセプトとの合致度合

大事なのは、その予測を100%叶えてあげて普通 という事 簡単に言うと満足

それを超えてこその感動であり、強烈な記憶から紹介や口コミなのかな 反対は最悪

貴方は、貴社はその水準を超えているか?そこが分岐点だと思う。

パフォーマー達から顧客心理への対応を学ぶの回でした。

0 コメント

2015年

7月

31日

満腹係数ってどうでしょう!

今晩の我が家の夕食は○○園の焼肉。ちょっと奮発プチ贅沢

次々出てくる品とボリュームを眺めながら何気ない会話をしていて咄嗟に思いついたメニュー提案の素案を考えたので早速お客様アンケート(抽選でお食事券)に記入した。(結構具体的に…)その中から一つをご紹介

焼肉屋さんのメニューというのは部位と価格、そして主要メニューの写真が定番だが、今回もそうだったが出てきた時に え?こんな量なの?てことはないだろうか?(多くても 少なくても)

そこで男女・年齢別の満腹係数のマトリクス表とメニューの一品(一人前)毎に満腹ポイントを設定してはどうだろうか?この店ではどれくらい頼めばいいのか?の目安が出来上がるという事。

例えば 20代男性(18P)と20代女性(12P)のカップルだと合計30Pで満腹 

    8分目だと×24P(30×0.8)という具合。

    メニューには一品毎に一人前で3Pとか2P表示があって、組み合わせて24Pになるように

    頼むといいって事。

    お客が面倒な場合、ハンディ機でそれら合計が自動計算され、たのみ過ぎですよ!とか、

    お客様の「量はどうかな?」という質問に即答が可能になる。

別にお食事券を狙ってのアンケート記入ではなく、身勝手コンサルの極みと捉えて下さいな

0 コメント

2015年

7月

29日

泣き叫び声への心理的対処と物理的対処

先日、地下鉄内で泣き叫ぶ小さな子供を連れた親子と遭遇。

昔はイライラしたが、子供というものはそういうものだ と感じられる歳になったのか、すまなさそうにしているお母さんを暖かく笑顔で無視するようにしている。

永遠に続くわけではないし…いつもそんな風に受け流せるようになるには最初は意識し、いつの間にか習慣化し、いつの間にか無意識になっている事に気づく。

しかし、永く狭い空間、例えば飛行機の長時間のフライトではそうはいかない場面もある。

そんな時は100均の登場である 「耳栓」 意外にこんな簡単な備えでストレスが激減される。

現実感は無いかも知れないが、備えとして個人的に、いや、航空会社や母親自身が相当の数の耳栓を用意されてはどうかと思う。

そう言えば発想の原点は私のイビキ対策として女房の採った対策なのだが…

「暗いと不平を言うよりも、進んで明かりをつけましょう」改め

「うるさいと不平を言うよりも、包んであげましょう、自分で出来る対策を考えましょう」

0 コメント

2015年

7月

20日

知床PRに感じる違和感

近年、世界遺産ブームですね。私も海外旅行に出かけた際に惹かれて訪れたりしますが、比較して日本の世界遺産には一種共通した違和感を持ちます。
○○があって世界遺産 ではなく、○○を世界遺産にして(産業育成?)の為に利用する。といった感じだろうか。
我が北海道においても世界自然遺産として「知床」があるのだが、登録当時の狂想曲が過ぎ去り、登録以前の入込客数さえ大きく下回っているらしい。

登録10周年だそうです。であっても最近のテレビ・新聞・雑誌などでの特集頻度には違和感を覚える。要は観光地の世界遺産10周年のPRの度を越えている。

きっと…

仕事上差し障りがあるので詳細は控えるが、顧客も道民も馬鹿ではないという事は確かだ。

ついでに、つい最近までワインのウンチクを声高に叫んでいた知人が、マッサン人気に早速便乗し、急にウィスキーを盲信し始め、PRさえ・・仕事の関係もあるのだと思うが貫き通して欲しかった。

1 コメント

2015年

7月

16日

カメレオン営業・管理職になっていないか?

皆さんの近くにいないだろうか?八方美人な人。世渡りの上手そうな人


昔、私はサイボーグの如く寝食を忘れ、数字を追いかけ、達成感に酔いしれた時期があった。

現在の「○○の為に必要な3つの○○」の如くテクニック満載、向上心満載のサイボーグだ。

そんな酔いしれた時期に、とある取引先の社長から言われた。

「君は方法論の天才であり、行動力も群を抜いている。しかし君を見ていて悲しくなる」と

酔いしれていた私は意味が分からず当然のように真意を尋ねた。返ってきた答えは

「君は100人の相手がいたら、100通りの人格に変貌している」

「一流のセールス、ビジネスマンは例え首相が目の前にいても、一切態度は変えない」

「君は全員から好かれようとしている。そこに無理がある」

心の中を見透かされたようで、反発もあったが図星。正にカメレオンである。

以来カメレオンを脱するため弟子入りの如く通った。更にサイボーグから人間への習慣化出来る戻り方も教わった。

結果、何故か少し大阪弁に戻った。断る事を覚えた。心が楽になった。嫌う人も出てきた。しかし「付き合えば付き合う程好きになる」という方も大勢現れた。そして数字が伸びた。

 

この歳(50歳)になって想う。たった一度の、残された労働時間は最低限の努力は惜しまないが、無理せず、自分らしく、楽しんで進める。たとえ一部の方に嫌われても。

 

親父から「一番恐ろしいのは、気をつけて付き合わなければならないのはいつも笑顔の奴だぞ!」とよく言われた。大阪では昔から「世渡り上手の罰当たり」とよく言っていた。

先人たちからの言い伝えは現代でも通じる。

0 コメント

2015年

7月

08日

タリーズ缶コーヒーキャンペーン

最近は事務所に籠る日が多い。当然、飲食も部屋で済ませる事になってしまう。
そこでだ!ヘビーユーザーを自認するほどタリーズの缶コーヒー(BLACK 285ml)の消費が凄い。

シールが貼られTully'sCard1,000円分プレゼントに何十回とトライするのだが全く当たらない。

ただの運の無さか、さては裏切りマーケなのか?

2 コメント

2015年

7月

06日

アウトレットモール

昨日久し振りに行ってみた。まぁ、仕事が溜まってはいるが、女房にせがまれ、散歩ついでにと思い軽い気持ちで行ってみた。お互い物欲が全く無いのに…

到着早々、その軽い気持ちが吹き飛んだ。増床した、店舗が増えたとは聞いていたが、客数とその内容なんです。

日曜なので混雑はしている。当然といえば当然。でも以前のようなリズム感ではないように感じる。館内に響く中華系アナウンスが…申し訳程度に流れる最初の日本語でのアナウンス内容の殆どが「外国人への集合時間再告知、遅刻への呼び出し」なんです。

日本人はというと物見遊山なのだろうか、手ぶらかスポーツ系買い物でして。

自分たちはというと、アウトレット価格?と狼狽え、ブランド品価格に打ちのめされ、歩き回ってぐったり。

入居するコンビニの100円コーヒーを手に入れ、フードコートで一休み。

まぁこの雰囲気なら本当の富裕層は来ないかな。いつもの如く紙幣だけの動きを追う妄想に耽るにはピッタリの場所だとは思う。

それにしても産直コーナーが情けない。野菜は相場の影響もあるし、お菓子は定価だからまだ良い。

ありがちな地域特産品ドレッシング。180mlで800円~1000円! 売れると思っての値付けとは思えない。プラチナ感無しで、結局富裕層向けの売り場に辿り着いたというところだろうか?i一番儲かったのは加工設備納入業者って事だらけ。この点については別の機会に思いを載せたい。

0 コメント

2015年

7月

03日

とある破産に感じる事

つい先日、全道いや全国的にも有名な書店が破産開始の決定を受けた。負債は5億

一般地域書店の不振とその原因は言うに及ばないが、結末が悪い。

要は相当前から破綻していたと思われる。分かっていたはずである。

寄付型クラウドファンディングで店舗改装資金名目で300万円を集め一時を凌いだのか?そもそも有望なモデルに対して行われるものだと理解している。

また同社が行った「友の会」は仕組みが前金制購入型(コスト割れ覚悟分が投資?)という事になる。120人×1万円の結果からは消費者は意外に冷静に判断していたと思う。

相当な期間があったにもかかわらず一度も配本(7千円分)が行われなかったとは驚きだが、いずれも金融機関からの融資が困難になっての急場の資金繰り対策だと知っていたら賛同しただろうか?

そもそもそのような対策で債務が年商の倍ある状況を打破できると考えていたのだろうか?

批判を覚悟で申し上げると「悪質」ではないだろうか。

店頭での募集を見たときにも妙な違和感を覚えた事を記憶している。

裏切られる事となった多数の支援者と、裏側を知る従業員達はこの結末に何を思うのか。

手仕舞いと同時に地域住民にとっての購買の有り方、色々と考えさせられる一件です。

因みにこんなファンディングならワクワクとハラハラで見返りなんていらない

太陽エネルギー飛行機のソーラーセル 


1 コメント

2015年

6月

13日

支援は時として

先日、ある特命を受け、明確な課題解決のサポートの為に準備し、取材し、赴いた。

その地域では結構名の知れた企業で、社長様は声も張り、元気ハツラツ 関係者も全て集め仰々しい空間でのサポートとなった。

我々コンサルは事前に調べた資料や情報から習性として「仮説」を持って臨むのが常。

仮説を検証するがの如く、許される時間、質問を繰り返していくと本当の窮境原因に突き当たる。

身構えていた社長はついに根本原因を自ら語り出し、解決策さえ語り始めた・・・

裏付けるかの如く、幹部社員が日頃胸に秘めた思いを吐露し始め、仮説は確信へと変わった。
同時にこの企業なら出来る!の確信が持てた。

社長がプライドを捨て、根本原因に向き合い、社長が、社員が、最初に取組むべき具体的解決策を

自ら語ったのです。

明確な課題解決の前に自力で土台を固め、次のステップへ!

次回呼ばれない事が最高なのですが、もしお呼びが掛かれば、ほんの少しのサポートとただ横に座って見守る事だけで済むような気がする。

 

別れ際に社長と幹部社員から力強い握手、特に幹部社員の異常に強い握手が全てを物語っていた。

0 コメント

関パートナーズオフィス

■住所

〒060-0053

札幌市中央区南3条東1丁目1-3

                       SAKURA E-1

TEL 

011-861-2015 (VW転送)

FAX

011-351-5720 (e-FAX)

携 帯  

090-3390-0333

E-mail

kakuduke-ken

         @mail.goo.ne.jp 

 

 対象地域   全道 

初 回 相 談 無 料

お気軽にご相談ください

札幌商工会議所

↓情報収集と無料専門家派遣

 やる気があれば!↓

創業者は当然、業界情報収集!

↓ ↓ ↓

勘も大事。しかし裏付も大事

↓無料調査・アンケートデータ

↓自力で探す補助金等施策↓

↓急ぐ与信管理の為に↓

↓安いGSで経費削減↓

↓地域経済専門サイト↓

↓地域の特性・データを知る↓


↓リンク先(頼れる専門家)↓

行政書士事務所

保険代理店