復興=復帰?

海外でNHK「復興をめざして」を視聴している。
私はいわゆる「正しい人」ではないので本音を書いてみたい

復興支援する方達に共通する心の「正しさ」と風貌(髭・白髪・バンダナetc)にも抵抗がある。
支援される側の意見にも違和感を感じる「ペンションを経営していたので、また再開したい」??
世の中には苦労して得たモノ・立場を捨てなければならない状況に置かれる人は結構いる。が、震災に会った経営者は経営者にしか戻れないのだろうか?他で働くという選択肢は無いのだろうか?
もう十分に復帰支援無料○○は得たでしょう。故郷・星空・心・寂しさ・共感の名の下に自己満足な支援者に寄り掛かり続けるのも、全てを失い、泥水をすすり、生地獄を経験した者として、どうかと思うのです。