復興=復帰?

海外でNHK「復興をめざして」を視聴している。
私はいわゆる「正しい人」ではないので本音を書いてみたい

復興支援する方達に共通する心の「正しさ」と風貌(髭・白髪・バンダナetc)にも抵抗がある。
支援される側の意見にも違和感を感じる「ペンションを経営していたので、また再開したい」??
世の中には苦労して得たモノ・立場を捨てなければならない状況に置かれる人は結構いる。が、震災に会った経営者は経営者にしか戻れないのだろうか?他で働くという選択肢は無いのだろうか?
もう十分に復帰支援無料○○は得たでしょう。故郷・星空・心・寂しさ・共感の名の下に自己満足な支援者に寄り掛かり続けるのも、全てを失い、泥水をすすり、生地獄を経験した者として、どうかと思うのです。

関パートナーズオフィス

■住所

〒060-0053

札幌市中央区南3条東1丁目1-3

                       SAKURA E-1

TEL 

011-861-2015 (VW転送)

FAX

011-351-5720 (e-FAX)

携 帯  

090-3390-0333

E-mail

kakuduke-ken

         @mail.goo.ne.jp 

 

 対象地域   全道 

初 回 相 談 無 料

お気軽にご相談ください

↓お知り合いの方限定↓

↓情報収集と無料専門家派遣

 やる気があれば!↓

創業者は当然、業界情報収集!

↓ ↓ ↓

勘も大事。しかし裏付も大事

↓無料調査・アンケートデータ

↓自力で探す補助金等施策↓

↓人材不足対策のヒント満載↓

 (該当する項目で検索)

↓急ぐ与信管理の為に↓

↓安いGSで経費削減↓

↓地域経済専門サイト↓

↓地域の特性・データを知る↓


↓リンク先(頼れる専門家)↓

行政書士事務所

セミナー付属資料2.pdf
PDFファイル 665.4 KB
業務カレンダー
181218現在カレンダー.xlsx
Microsoft Excel 17.5 KB