馬鹿に持たせる道具 与える愚

ご存知であろうNZでの銃乱射事件
動機や背景もあるだろうが、犯人がSNSに投稿し、運営側が必死に削除するも、拡散が止まらない凄惨な17分間の動画の全てを見て、感じるところを残しておきたい。

多様性だとか全てを受け入れ尊重する誤った風潮に激しく嫌悪する。

SNSだとかスマホに操られる大勢の人達。机の前で、全てはITが解決すると言わんばかりに業者は宣伝し、人間を怠惰な愚民化させ、見える化させてしまった罪は大きい。
未熟なうちから好奇心のみ満足させる玩具を与えた結果、不要で、罪な多様な人間を作り出し、世の中が多様性という名の下に権利を与えてしまった。結果このありさま。

防犯上から必要? 災害時の連絡に必要?
本当か?

周りを見回して残念な層は揃ってスマホだ、SNSだとITスキルを履き違えて理解し、下を向き続けている。

一種プログラムの中に組み込まれ、バグにもならない多様性・個性的という名に隠れた大勢のコピー人間を感じる。まるでマトリクスのエージェントスミスではないか?
バグも救世主や成功者という異端ならば良いが、その反対側も存在している、いや、させてしまった

罪は大きすぎる。
それを配信し、拡散させる輩も生み出してしまった。

こんな世の中がIT関係者の望んだ姿なのだろうか?