ごあいさつ

企業を取り巻く市場や顧客の変化、その変化のスピードは年々早まっており対応を迫られ、また同時に変化に対応しつつも守らなければならないものも存在します。

「変わらなければならない」「変えざるを得ない」

「変えてはならない」

経営者は絶えずこの3つのバランス感覚の中で難しい経営判断や意思決定を迫られています。経営資源の少ない中小企業においては、その判断や決定を経営者一人で行う環境も多く、サポート役として我々コンサルタント等の出番となりますが、業界の、自社の一番の理解者は経営者であり、従業員になります。

既にお持ちの知識と経験を大事にしながら自らの気づきを促し、不足する点を補う事で現場に落とし込まれ成果に繋がる!そんなサポートを心がけております。

また、各種専門家のとのネットワークを活かし、診断士業務外や法的独占業務に抵触してしまう恐れがある場合は、ワンストップで専門家に繋ぎ、ご紹介し、事業者様の課題解決をスムーズに進めます。

 

お知らせ

2018.07.10

【災害お見舞いと休暇】

 この度の豪雨災害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。私も少ないですが「ドラえもん募金」を何度もさせて頂きました。

 明後日12日より船旅にて小樽~舞鶴~坂出~敦賀~苫小牧を休暇で巡り、途中倉敷への立ち寄りを躊躇しましたが、計画通り訪れ、この目にしっかり焼き付けたいと思います。
 皆様の復興を心から祈っております。

※後日報道によると現地に「野次馬」が出没し、救援活動の妨げにもなっている様子。空気を読みながら予定変更もあり ですね。

2018.06.08

【「IT導入補助金」と「おもてなし規格認証」】

今話題のIT導入補助金https://www.it-hojo.jp/について、その事業規模拡大(500億円)もそうですが、公募要領の中に「おもてなし規格認証」を受けていると採択審査の際に加点されるとの事。
ランクはありますが、難易度は低く費用も掛からないランクを取っておくのはマストかと思います。

おもてなし規格認証https://www.service-design.jp/

2018.05.26
【認定の効果】

先の投稿でも触れました

「おもてなし規格認証」に

結構な反応がありました。

その他様々な規格認証制度が始まっております。「無料~要費用」「WEB完結~計画化と実行~申請」と取得へのハードル、レベル感はまちまちではあります。
ここで私なりの申請、および認定後の効果について思うところをお伝えします。

例えば「おもてなし規格認証」無料~審査・有料までランクはあるのですが、たとえ無料であっても質問(確認)される事項が大事で、「おもてなし」とは、どういった基準で計られ、見られ、その為にどういった取組が必要なのか?を示唆してくれます。ココが一番大事だと思います。

他認証も同様か計画と達成度合が問われます。何となく意識・取組はしています!では通用しないのです。ランク上、上位の認証を得た事は、自己満足な認証シールを店頭にピタっではもったいない。
人材獲得競争の本格化、定着率向上対策必至の世の中にどんどん進む中にあって、顧客に、従業員にとって最適を提供する、している事の証として通常求人や自社HPは当然、HP内の求人ページ(是非用意して欲しい:他の求人媒体を使っても必ず見られています!)に掲載しては如何だろう。

参考

次世代育成支援対策推進法くるみん認定
女性活躍推進法えるぼし認定

若者雇用促進法エースエール認定

2018.05.26
【関塾経過報告】

今迄に無い試みで、先日のご参加の呼び掛けに対し、現在14名もの受講希望者が集まり、講師他お手伝いして頂ける申し出、使用器機・什器のご提供までも集まりました。会場(会議室)の広さから(激狭確定)これにて締切させて頂きましたが、もう完全に行動レベルまで理解した!という方は順次退塾されていきます。追って第2期の募集もいつか出来るといいですね。3年後の引退に向けて走る!

2018.04.29

【関塾開講】

年度が変わり気持ち新たにスタートを切った事と思いますが、私もある決意を固めました。

診断士(特に若手・新人)を対象とした私塾を開始致します。

幸い当事務所には会議室(MAX10名程度)があり、関係機関の協力も頂ける根回しも済みました。自分が7年前にデビューし、時間を掛けて、苦労して、自分なりの支援手法や話法を身に付けましたが、中堅に差し掛かった今、その時間を短縮して、通常より早く現場デビューして頂き、自信を持って紹介出来る同業者を育てたくなった という気持ちです。

暗黙に進められる診断士のランク付けにも耐えられる人材を育てたいというのも狙いの一つです。

開講は5月下旬よりスタートし、夏か初秋にはニセコ(コテージ)での合宿も予定しています。

当然、私一人では全てに対応出来ませんが、これぞ!という方々に登壇して頂きます。

診断ネットにも近日中に掲載しますが、共通して詳細は当事務所アドレスにお問合せ頂いた方にのみご案内させて頂きます。E-Mail:kakuduke-ken@mail.goo.ne.jp

深堀する知識は研究会で学んで下さい、当塾はスーパージェネラリストと高い支援能力の土台部分の育成に重きを置きます。

情報収集のみご希望の方はご遠慮願います。

 

2018.3.30

【年度〆に際して】

例年にも増して今年度は自治体、支援・金融機関の皆様に大変お世話になりました。

どこまでお役に立てたか?を毎年度この時期に自問自答し、反省する点も多く、次年度に向けて更に研鑽を重ねる所存でございます。

次年度もどうぞ懲りずにお付き合いの程、宜しくお願い致します。

※本日が我が誕生日であるのも何かのお告げなのでしょうか?53歳 まだやれる!?

2018.03.12

【金融機関はボランティアのなか?】

参加したセミナーで感じた事を、たとえ社歴・業績に影響してでも伝えたい激しい感情が沸き起こった為、HP内ブログに書き記しました。

何だかおかしいよ!全く。

2017.02.13

【休暇中とご連絡方法】

慌ただしく駆け抜けた今年度も後わずか。

仕事をセーブして2/14~20までまとまった休暇を取らせて頂きます。

つきましては喫緊なご連絡等ございましたら下記アドレスまでメールでの

ご連絡をお願い致します。

kakuduke-ken@mail.goo.ne.jp

2018.01.17

【人材不足対策事例】

既に公表されていますが、中小企業庁が用意したサイトのご紹介

このサイト、事例の内容も当然、検索対応が素晴らしいのです。

業種・地域・規模etc

私から見ても 使えるヒントが結構載っています

是非、ご参考になさるか、お近くの支援機関にご相談されることをお勧め致します。

詳しくは下記サイトをご覧ください

中小企業・小規模事業者のための人材不足対応100事例

2018.01.11

【ご挨拶】

本年も変わらぬお付き合いの程宜しくお願い致します。

さて画像にある通り、おもてなし認証2019年版への登録も完了(外国人対応はしていませんが)し、改めて真摯な姿勢と事業者様に真に満足して頂けるサポートを行い、更なる研鑽によって、その水準を高める事をお約束致します。

皆さまにとって成長・飛躍の年になって頂く事を祈りつつ、当事務所のサポートが、今後行うサポートによって、伴走出来ればと思います。

では、現場でお会いしましょう!!

2017.12.22

【セミナー告知】

保証協会様が主催される「創業支援セミナー」に今年も登壇することになりました。
飲食業と小売業に分けて開催されます。(私は飲食業を担当)

今回は成功された先輩起業家と女性の活躍と創業をサポートされるその道の第一人者もトークセッションで登壇され、私は

前座セミナー講師というところでしょうか?

前年度に引き続き『顧客心理学』と『数字』についてお話させて頂きます。

申し込み他、詳しくは北海道信用保証協会様のHP

2017.11.29

【お礼とお詫び】

お陰さまで幣事務所も6年半の歴史を積ませて頂き、また今年度も順調にご依頼頂き有難うございました。改めて御礼申上げます。

一人での体制でご依頼件数が増えるに従い、ボリュームと案件の深刻度合、期限からスタッフの採用まで視野に入れないと質の低下になりかねない状況なのが実際です。

つきましては30年1月末迄のスケジュールはほぼ埋まりました。2月は年に一度の長期休暇を予定しており、既にタイトな状況です。支援機関等ご依頼元様、直接寄せられる企業・個人様には喫緊の要望にお応え出来ないケースも予想される事を予めお伝えさせて頂きます。

2017.11.29

【軽減税率対策補助金 期限延長】

ご存知ない方も多いと思いますが、来る消費税増税とセットで予定されている軽減税率の導入(H31.10.1~)

その導入に備えて特に小売・サービス・飲食等で対象品目がある場合、既にあるレジの改修や新たな導入が必要になってきます。また受発注システムを導入されている場合も改修が必要なケースもございます。その改修経費や導入経費に対しての補助金が用意されています。更に導入するレジに対応した地域事業者が申請代行まで行って頂ける仕組みも用意されています。

最近創業される飲食業の方は殆ど写真のようなiPad型POSレジですよね。(使えます!)

計数管理まで即時行ってくれる使える相棒です。

当初H30.1.末の締切だったのが、H31.9.30まで延長

との発表がありました。事業内容・地域対応事業者の検索等は以下から得て下さい。

『軽減税率対策補助金』(中小企業庁)

中小企業庁「軽減税率対策補助金 期限延長について」

 

2017.10.30

【理屈よりも感覚】

今年のノーベル賞で、経済学賞に選ばれたのは『行動経済学』を更に踏込んだ内容での研究に対しての評価だった。

最近「顧客心理学」に没頭し、またセミナー等でお伝えする機会が多いし求められている。

理論・理屈を分り易く伝える・使えるようにするのもまた、コンサルの役目だったりしますが、

最近その理屈の限界を感じ、「時代の変化」を「心の変化」と置き換えると合点がいく。

お伝えする際、購買価値(=価値÷コスト)を提案し、価値増大よりもコスト低減のほうが思いつき易く、伝わり、お金が掛からない点を強調している。価格もコストだが、価格で勝負 は破滅・自滅に繋がる。人手不足の時代ならなおさらだろう。

他人は損失・ロスに対して過剰に反応する。得よりも損を避けたい。行動経済学の言わんとするところである。損・脳のストレス対策 先ずは取組んでみては如何だろう!
損得?ストレス? レベル感はそれぞれ。全ては感覚 だから商売は面白い!

2017.09.22

【大人の武者修行】

 今年も大人の武者修行事業の募集が始まりましたね。

 詳しくは下記サイトでご確認下さい。

 簡単に説明すると優良企業で社内人材に現場修行をさせ

 その際のマッチングと経費の一部補助となります。

 他人に聞く、他から学ぶ事は、その個人・企業様が長い年月を掛けて得たノウハウを一瞬でダウン

 ロード出来ます。

 我々診断士もアドバイスは行うのですが、所詮にわか。プロ同士・同業同士だから伝わる得られる

 レベル感があるはずです。

 現場は人手不足感で大変だと思いますが、永い将来に向けての人材投資。考えてみては如何でしょ

 う!(11月1日に札幌でも事業説明会と活用実績のある会社様からのお話も聞けます)

 経済産業省補助事業大人の武者修行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.08.26

【理屈と現実】(FBより転載)
増収増益の命を受けてサポートするのが私の仕事
当然、理屈上の目標は作成できる。
起き掛けの思いつきで目を擦りながら・・・
計算式なんてまどろっこしいので図案化にトライ!
色々なヒントが眠っている。どこをどうすれば分岐点が下がるのか?=目標売上を現実的に設定出来るか?
ちょっと難しいな~と思う方はお近くの商工会(会議所)や顧問税理士さん、銀行さんに聞いてね。
愚直に取組まれる事業者様に頭が下がるのですが、
最近増収に伴う人や組織の「疲労・疲弊」を目にするのです。
特に家族経営の場合に多いですね。
働き方改革とか取組まれていますが、同時に考えんとね。
家族経営から企業経営への脱皮 です。

※計算式が分らない・・と言う方はどうぞ「お問い合わせ」からご質問下さい。

2017.08.12

【セミナーのご案内】

以前より話題にあった「知的資産経営」にスポットを当てたシンポジウム(セミナー)が9月15日(金)に弁護士会主催、中小企業診断協会協力という形で開催されます。

診断士側で登壇される細田先生はその道の専門家。

道内企業様の事例を交えながら解説して頂きます。

企業様と金融機関様との関係が激変している(していく)のはご存知だと思いますが、正にタイムリーなテーマです。

企業様は当然、支援機関・金融機関の方は是非ご参加下さい。

※数年前に若輩ながら私も登壇させて頂きました。

下記より申込書をDLの上、お申込下さい。

H29ひまわり講演会相談会チラシ.pdf
PDFファイル 1.2 MB

2017.05.31

【セミナーのご案内】

 北海道信用保証協会様主催による創業者・創業予定者を対象としたセミナーが開催されます。

僭越ながら昨年に引き続き私も登壇致します。

よくある通し参加の条件は無く、計4項目のセミナーからご自身に合った、必要と感じるものを選んで参加出来ます。

私は第一弾(7/25)の「顧客心理学」についての解説です。

ご満足頂けるように準備を進めております。

 

お問い合わせ、ご参加申込みは保証協会様のHPから

チラシ兼申込み書をDLの上、お申込み下さい。

 

2017.04.25

【おもてなし規格認証】

サービス業やコンサル会社、旅館…弊所も「おもてなし」認証を得て、黒子的な立場ですが今後も精進してまいります事を誓います。
何を伝えたいかお解かりだと思いますがw

2017.02.11

雑感

我が札幌も春節の影響と雪祭りで空前の人出となり、特に外国人がもたらす恩恵にあやかろうと商店・企業は必死の様子。

金離れという面で見ると外国人と日本人とでは爆買いは収束したとは言われるもののその差は歴然。
個人旅行にシフトした今、外国人は高級ホテル・旅館から

埋め、日本人は安宿に殺到する様にそもそも富裕度の物差しに大きな違いがある事に愕然とする。

宿飲食・サービス業など、この期に及んで割引クーポンを発行し、処理能力の限界まで詰め込むというビジネスモデルからの転換が必要ではないだろうか?

人手不足が叫ばれる中、従業員に適度な休暇を与え、企業の代表もまた休暇が必要なのは明白。

安値に飛びつく層に翻弄されるよりは、たとえ連日満室・満席ではなくとも比較的富裕な層を狙い

余力を残しながらも利益を確保しビジネスを回していくのが今後の王道となるのではないだろうか?

当然高単価設定となるわけだが如何に移行し、周知させブランドを確立させるのかが問題になります。そんなサポートを行っておりますが、自力で出来る事は無いでしょうか?

知恵と行動を振り絞ってみる絶好の機会ですね。今の北海道…

参考までに過去にUPしたデータ(PDF)をつけておきます。

値上げ・値下げ分岐点1.xlsx (2) (1).png
PNGファイル 14.7 KB

2017.01.17

【セミナーのご案内】

北海道信用保証協会様では2月13日を第1回目とし、2月24日を最終第5回目とする創業者向けセミナーを開催されます。

参加希望者が目的回(テーマ)を選べるセレクトセミナーとなっています。

私も2月20日(第3回)「飲食店経営のポイント これだけは押さえておきたい数字と心理学」の講師を担当させて頂きます。

ご選択された皆様にご満足頂けるよう、準備を進めております。

諸手続き・WEB(HP)・パブリシティ・レイアウト・・・創業に際に悩んでしまうポイントを第一線でご活躍の講師陣が登壇、解説されます。

詳しくは北海道信用保証協会様のページでご確認頂き、お申込のお手続き等ご確認下さい。

尚、参加費は無料です。申込締切は2月6日です。

2017.03.10

【追報】

 セレクトセミナーの様子が金融系新聞「ニッキン」に取りあげらられました。

2017.01.05

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は多方面の方々・機関のお世話になり、自分なりの至らない点もハッキリ見えた年でもありました。

驕ることなく絶えず精進し、ご満足頂けるサポートを今後ともご提供いたすことを仕事始めの本日にあたって誓います。

 

正月に伊勢神宮への参拝を行い、自分と共に関わる皆様のご繁栄を祈念致しました事付け加えさせて頂きます。

近日中に仙台にて入手しました商売の神様「仙台四郎」グッズのプレゼント企画を発表させて頂きます。

2016.12.11

【地域特性を知る】

自分の自社にとって地域特性(順位など)を知る方法として「とどらん」や「RESAS」を紹介しているが、富士通研究所の「evacva(エヴァシーヴァ)」のご紹介

単に項目を拾うのではなく、グラフ化やカスタマイズ性が高い。

何はともあれ無料で使えるツール。お試しあれ!

2016.11.12

【経営力向上計画】

支援機関の方はもちろん、事業者の方も既にご存知だと思いますが中小企業庁が進める「経営力強化法」の中で「経営力向上計画」の策定を促しています。企業側のメリットはどんなものがあるのか?【計画の認定を受けた事業者は、機械及び装置の固定資産税の軽減(資本金1億円以下の会社等を対象、3年間半減)や金融支援等(低利融資、債務保証等)の特例措置を受けることができます】(中企庁HPより)

各種補助金申請でも認定はプラス査定される為、取組まれる価値は充分にあると思います。

申請に際し、経産省のローカルベンチマークの利用が必須となる訳ですが、財務のデータ処理でエラー頻出のご様子。
そこでお勧めなのが、近畿経済産業局が提供する「
経営力向上計画の申請方法について

のご利用をお勧めいたします。

ツールは貴方を助けます。是非御社の経営を客観視して今後の経営を考えてみる機会にして頂きたいと思います。

2016.10.21

【銀行が変わる 金融庁の本気度】

皆さんご存知だろうか?
私は本年3月より中小機構に籍を置き、地域支援ネットコーディネーターとして、「支援機関の支援」というミッションに取組んでいる。

創業支援の方法や、事業計画作成支援の方法、各業界への支援の方法など多岐に渡る。

その中でも金融機関の皆様を対象とした「事業性評価融資への対応」についての依頼が増えてきている。

背景には銀行の監督官庁である金融庁の監督(検査)方針の変化・明確化がある。ではどんな変化か?簡潔に言うと

「これまでの財務数値や担保・保証に依存(根拠に)した融資から事業者の事業の中身やその将来性を評価した融資を行いなさい、またそのサポートを行いなさい」という事。

これを基に明確な各金融機関の方針や目標をコミットさせる(ベンチマークを自ら設定せよ!)という、指針ではなく、かなり具体的な監督・検査方針の変化となっている。

詳細は下記PDFをご確認頂きたいが、金融機関にとっては慣れ親しんだ業務と他行との競争源泉の切り替えを要求・検査される事となります。

事業者の皆様にとっては、チャンスと受け取って頂くと同時に、開示・相談していく積極性も同時に求められていくという事になります。
そのお助けツールとして経産省の「ローカルベンチマーク(通称ロカベン)」があります。
御社の決算を客観的にランク(点数)付けし、事業そのものを改めて俯瞰できます。これは共通言語として金融機関職員(担当者)の激務を少し和らげる効果があります。
是非トライしてみて下さい。

金融仲介機能のベンチマーク.pdf
PDFファイル 81.2 KB

2016.10.21

【事務所引越し】

 お陰さまで案件の増加に伴い資料等書類・書籍等の事務所占有率が限界を超えました。

 同じSAKURA E-1内のD室へ11月1付けで引越し致します。

 少しは広く、寛げる環境になるかと思います、
 以前お越し頂いた方は、訪問の際お間違え無い様宜しくお願い致します。
 尚、住所、電話番号等の変更はございません。

2016.09.30

10月14日に中小機構主催による「女性ビジネス支援セミナー」が開催されます。
女性ビジネスにフォーカスした支援現場で活躍する女性の支援者やレディースマーケットでご活躍の経営者の話など、時間的コスパ最強のセミナーです。支援者に限らず事業者の皆さんもどうぞご参加下さい。

開催要領(パンフ)は下記からDL下さい。

因みに当日私もお手伝いさせて頂きます。

女性ビジネスセミナ開催要領.pdf
PDFファイル 2.2 MB
女性支援セミナー参加申込書.pdf
PDFファイル 422.2 KB

2016.07.28

 【お得な補助金情報】

 「軽減税率対策補助金」

  レジの改修・導入をお考えの事業者様に朗報

  消費税増税は先送りの様子ですが、対策補助金の受付は継続されています。

  申し込みも楽な制度(ビッグカメラさんでも申請代行します!ってAIRレジ(iPAD+α)を

  必死に売り込んでいますね。

  詳しくは下記、または当方まで。

  (中企庁専用ページ)http://kzt-hojo.jp

 

2016.07.09

【食品製造業の方へ】

 (独)中小企業基盤整備機構北海道本部では、在香港日本国総領事館

 (予定)、新輸出大国コンソーシアム北海道ブロック連絡協議会(予定)、

 (有)インターリンクジャパンと連携して北海道内の中小企業・小規模事業

 者の商品における海外販路開拓の支援を兼ねた物産展「うまいっしょ北海

 道2016」を香港にて初開催いたします。

 初開催にあたり、出品者を募集しております。

 条件は、これまで「香港に進出した事の無い事業者様」に限定される点のみです。

 面倒な手続き以外にも費用面やノウハウ面でのサポートもあり、海外進出への足がかりとしてチャレンジ

 されては如何でしょう!

 以下に要項他添付いたします。ご確認の上、お申し込みをいただきますようお願い申し上げます。

 

うまいっしょ北海道2016in香港【募集要項】.doc
Microsoft Word 384.0 KB
うまいっしょ北海道 出品申込書.xlsx
Microsoft Excel 12.7 KB
うまいっしょ北海道 補足説明.docx
Microsoft Word 14.7 KB

2016.05.18

【役立つ資料】

 中小企業庁より「中小企業のための「会計」活用の手引き」が発刊さ

 れました。基本、お付き合いのある税理士様からのアドバイスを基に

 対策を打たれていると思いますが、自社で自分で「会計」と向き合う

 必要もあると思います。苦手と感じている方は是非ご一読を!(でも

 少し難しいです)
 下記よりDL出来ますが、不明な点は税理士様、当方へお問合せ下さい。

 

「経営力向上」のヒント(中小企業のための「会計」活用の手引き.pdf
PDFファイル 4.3 MB

2016.05.08

【来訪者プレゼント当選者発表他】

 やっと桜も咲き、北海道にも春が来たと実感出来るようになりましたね

 本州の方は驚くでしょうが、道内の皆さんはこれから「花見」と称して      飲み会が続くのではないでしょうか? 

   最近、道内での飲酒事故のあまりの多さに呆れるばかりですが・・・

   さる4月初旬に募集させて頂きました来訪者プレゼントですが、厳正なる

   抽選(あみだくじソフト)の結果、道内オホーツク地域のJ・M様がご当

   選されました。近日中に発送致します。
   ご応募頂いた皆様ありがとうございました。次回の企画をお待ち下さ

 い。

 

 「平成28年度中小企業施策利用ガイドブック」が発刊されました。
  下記よりPDFをDLできます。冊子をご希望の方は、ご希望冊数と郵送先をご連絡下さい。

28年度施策利用ガイドブック.pdf
PDFファイル 27.9 MB

2016.04.18

 【地震お見舞い】

  まさに未曽有。止む事の無い自然の猛威に立すくすばかりです。
  避難されている方達もいつまで続くか分からない避難生活に不安で一杯でしょう。
  東北の震災を東京で体験した身として少しばかり現実感をもって感じられますが、
  心よりお見舞い申し上げます。
  言葉だけではなく、少しばかりの義援金を送らせて頂きました。
  ただ、日本という国の経済の規模と支援物資の充足感に落差を感じられずには
  いられません。

関パートナーズオフィス

■住所

〒060-0053

札幌市中央区南3条東1丁目1-3

                       SAKURA E-1

TEL 

011-861-2015 (VW転送)

FAX

011-351-5720 (e-FAX)

携 帯  

090-3390-0333

E-mail

kakuduke-ken

         @mail.goo.ne.jp 

 

 対象地域   全道 

初 回 相 談 無 料

お気軽にご相談ください

↓お知り合いの方限定↓

札幌商工会議所

↓情報収集と無料専門家派遣

 やる気があれば!↓

創業者は当然、業界情報収集!

↓ ↓ ↓

勘も大事。しかし裏付も大事

↓無料調査・アンケートデータ

↓自力で探す補助金等施策↓

↓人材不足対策のヒント満載↓

 (該当する項目で検索)

↓急ぐ与信管理の為に↓

↓安いGSで経費削減↓

↓地域経済専門サイト↓

↓地域の特性・データを知る↓


↓リンク先(頼れる専門家)↓

行政書士事務所

セミナー付属資料2.pdf
PDFファイル 665.4 KB