泣き叫び声への心理的対処と物理的対処

先日、地下鉄内で泣き叫ぶ小さな子供を連れた親子と遭遇。

昔はイライラしたが、子供というものはそういうものだ と感じられる歳になったのか、すまなさそうにしているお母さんを暖かく笑顔で無視するようにしている。

永遠に続くわけではないし…いつもそんな風に受け流せるようになるには最初は意識し、いつの間にか習慣化し、いつの間にか無意識になっている事に気づく。

しかし、永く狭い空間、例えば飛行機の長時間のフライトではそうはいかない場面もある。

そんな時は100均の登場である 「耳栓」 意外にこんな簡単な備えでストレスが激減される。

現実感は無いかも知れないが、備えとして個人的に、いや、航空会社や母親自身が相当の数の耳栓を用意されてはどうかと思う。

そう言えば発想の原点は私のイビキ対策として女房の採った対策なのだが…

「暗いと不平を言うよりも、進んで明かりをつけましょう」改め

「うるさいと不平を言うよりも、包んであげましょう、自分で出来る対策を考えましょう」

関パートナーズオフィス

■住所

〒060-0053

札幌市中央区南3条東1丁目1-3

                       SAKURA E-1

TEL 

011-861-2015 (VW転送)

FAX

011-351-5720 (e-FAX)

携 帯  

090-3390-0333

E-mail

kakuduke-ken

         @mail.goo.ne.jp 

 

 対象地域   全道 

初 回 相 談 無 料

お気軽にご相談ください

札幌商工会議所

↓情報収集と無料専門家派遣

 やる気があれば!↓

創業者は当然、業界情報収集!

↓ ↓ ↓

勘も大事。しかし裏付も大事

↓無料調査・アンケートデータ

↓自力で探す補助金等施策↓

↓急ぐ与信管理の為に↓

↓安いGSで経費削減↓

↓地域経済専門サイト↓

↓地域の特性・データを知る↓


↓リンク先(頼れる専門家)↓

行政書士事務所

保険代理店