コンセプト 変えても良いんじゃないの?

最近、伺うお店や企業様で思うのだが、謳うコンセプトと客として実感する内容が違ってがっかりする事が多い。


○○な空間を貴方に!とか、まるで○○な気分に!とか…

よくよくお話を聞いてみると、耳障り感や、流行から採用・設定し、宣伝文句に謳っているらしい。


でも、スタッフの経歴やストーリーを聞くと、そちらの方が温かい気持ちになれるというか、

だからか!?と今まで不満に思っていた事が一気に解消したりもする。
そこでだ!コンセプトを変えてみてはどうだろう?

本物の体育会系を感じられる店 とか、○○には強いが、接客はダメダメ オタクばかりの○○ショップ とか
予想を覆す工夫がないと、単なる「言い訳」になっちゃうけどね。

関パートナーズオフィス

■住所

〒060-0053

札幌市中央区南3条東1丁目1-3

                       SAKURA E-1

TEL 

011-861-2015 (VW転送)

FAX

011-351-5720 (e-FAX)

携 帯  

090-3390-0333

E-mail

kakuduke-ken

         @mail.goo.ne.jp 

 

 対象地域   全道 

初 回 相 談 無 料

お気軽にご相談ください

札幌商工会議所

↓情報収集と無料専門家派遣

 やる気があれば!↓

創業者は当然、業界情報収集!

↓ ↓ ↓

勘も大事。しかし裏付も大事

↓無料調査・アンケートデータ

↓自力で探す補助金等施策↓

↓急ぐ与信管理の為に↓

↓安いGSで経費削減↓

↓地域経済専門サイト↓

↓地域の特性・データを知る↓


↓リンク先(頼れる専門家)↓

行政書士事務所

保険代理店