人口綱引き 

【人口綱引き】

中国地方を中心とした豪雨災害に合われた方々には、心からお見舞い申し上げます。

蒸し暑く、熱中症の危険も感じながら体育館に避難している様子には見ている自分もげんなりするんですが、批判を恐れずにご提言申し上げると、我が北海道を一時避難先として考えては如何だろう?

本州で繰り返される天災に対し、道庁も増えた空き家を活用した『仮説住宅』ならぬ『仮住まい住宅』を提供するくらいのアイデアは出てこないのだろうか?

その中でも特に若い人への手厚い支援を行い、人生80100年の計画の地にして頂くのだ。
北海道は少子高齢化のスピードは全国平均をはるかに超え、今後更に加速する事は目に見えている。短期的にではなく、長期的に日本人を移住させる、したくなる政策は人口特区の如く機能し、いずれ衰退する国全体の流れから逸脱できるチャンスと捉えられないだろうか?やっぱり北海道独立しかないかな。災害の少ない他の自治体が本格的に動く前に!!

 

「未来の年表2」を読んだ読後感です。

関パートナーズオフィス

■住所

〒060-0053

札幌市中央区南3条東1丁目1-3

                       SAKURA E-1

TEL 

011-861-2015 (VW転送)

FAX

011-351-5720 (e-FAX)

携 帯  

090-3390-0333

E-mail

kakuduke-ken

         @mail.goo.ne.jp 

 

 対象地域   全道 

初 回 相 談 無 料

お気軽にご相談ください

↓お知り合いの方限定↓

↓情報収集と無料専門家派遣

 やる気があれば!↓

創業者は当然、業界情報収集!

↓ ↓ ↓

勘も大事。しかし裏付も大事

↓無料調査・アンケートデータ

↓自力で探す補助金等施策↓

↓人材不足対策のヒント満載↓

 (該当する項目で検索)

↓急ぐ与信管理の為に↓

↓安いGSで経費削減↓

↓地域経済専門サイト↓

↓地域の特性・データを知る↓


↓リンク先(頼れる専門家)↓

行政書士事務所

セミナー付属資料2.pdf
PDFファイル 665.4 KB
業務カレンダー
181115現在カレンダー.xlsx
Microsoft Excel 17.5 KB