天文学的言い訳

寝室のストーブが不調で、増税を機に交換する事になり、2年前に出来た近くのホームセンターへ。
8帖程度の寝室に高価なストーブは必要ないし、FFが好ましい ある商品に決め店員を呼びに行く。(最近では人件費抑制か、人手不足で店内でスタッフを呼ぶのに一手間掛かる)

現れた若いスタッフとの商談が始まり、商品はともかく、取り付け工事が10月中旬以降になってしまうとの事。どうやら2%でも駆け込み需要は旺盛で、特に高齢者の動きが活発らしい。この現象は幾度もあった消費増税の際と全く同じらしい。
「部屋にベランダは有りますか?」
「いえ、ありません」

「排気口まで手は届きますか?」

「そんなは事分からない ただ、前回の取り付けは義父が普通に行ったし、ごく普通の分譲マンションですけど」

「何階ですか?」

「7階です」

「その高さなら取り付けられない可能性があります」

「??」

ここで顔色の悪い先輩スタッフ登場

「今までに普通のマンションで取り付けられなかった事はあるんですか?」

「あります」

「そんな割合って稀ですよね」

「何とも申し上げられません 当店では施工実績が少ないもので」

「2年もやってですか? ベランダが無い場合どうされるんですか?」

「高所作業車を使います」

「もう一度言います。ごく普通のマンションですよ。高所作業車を使って取り付け工事なんて姿見た事ないですよ!」

「他社さん他の事例は当社では分かりませんので」

ここから言い合い 呆れ果てて断ろうと思ったが若いスタッフが仲裁

「何十万掛かっても良いから付けて下さい!」で決着。

若いスタッフにチラシに「取り付け位置、又は現状の写真をお持ちください」と書けば余計な質問の時間が省けるよ と提案すると「チラシを作っている会社は別の会社なので…」

こりゃダメだな。人なのか組織なのか?
帰宅して確認すると窓枠から20㎝位の処に排気口が。近くのマンションも何処もほぼ同じ設計。
だよね。

関パートナーズオフィス

■住所

〒060-0053

札幌市中央区南3条東1丁目1-3

                       SAKURA E-1

■TEL 

011-861-2015 (VW転送)

■FAX

011-351-5720 (e-FAX)

■携帯  

090-3390-0333

■E-mail

 kakuduke-ken

         @mail.goo.ne.jp 

 

 ■対象地域   全道 

初 回 相 談 無 料

お気軽にご相談ください

↓お知り合いの方限定↓

↓情報収集と無料専門家派遣

 やる気があれば!↓

 ↓もっと実際例を動画で!↓

 (宿泊業の生産性向上)

 ↓最適な学びを探す↓

創業者は当然、業界情報収集!

↓ ↓ ↓

勘も大事。しかし裏付も大事

↓無料調査・アンケートデータ

↓自力で探す補助金等施策↓

↓人材不足対策のヒント満載↓

 (該当する項目で検索)

↓急ぐ与信管理の為に↓

↓安いGSで経費削減↓

↓地域経済専門サイト↓

↓地域の特性・データを知る↓

↓リンク先(頼れる専門家)↓

行政書士事務所

セミナー付属資料2.pdf
PDFファイル 665.4 KB
業務カレンダー
パスワードを掛けております。
お問い合わせ願います。
191017現在カレンダー.xlsx
Microsoft Excel 20.0 KB